LATESTstories

レディ気分を味わいませんか?

19世紀後半、英国ヴィクトリア朝期の女性たちは、少女のころからレディに憧れた。もとは貴族や上流階級の女性を指した「レディ」という言葉が、立ち居ふるまいや感性、品のよさを示すようになり、中流階級の女性たちもこぞってレディを目指したそうだ。 記事全文へ

「和ペリティーヴォ」的お散歩

「和ペリティーボ」的お散歩
1週間にどれくらいの時間を散歩に費やしているだろうか。「散歩なんて悠長なことを言っていられないのよ」と怒られそうだが、普段、人は歩いている。そう考えると食事だってする。雑誌をめくる時間もあるし、電話でおしゃべりする時間だって必ず持っているはずである。 記事全文へ

246に迷う大人たち 

青山は246通り近くの賑やかな界隈にあるというのに、その店はひっそりと佇んでいる。看板はなく、その存在を示すのは、お店の名前にもなっているモーヴ・ カラー(藤紫色)の明かりのみ。その色を頼りにエントランスに足を踏み入れると、やはり同じ色のランプが迎えてくれる。 記事全文へ

SITE INFORMATION

verita_main
2013-07-17_180622000
2004年12月8日創刊。 『verita(ヴェリタ)』は、イタリア語で『真実・真意・本物』を意味し、意思いをもってセレクトする女性、オーセンティックなライフスタイルを求めてアクティブに生きたい女性のための“ライフスタイルWebマガジン”。記事全文へ

NEWS RELEASE

verita_main
1
veritaからのお知らせ、ニュースリリース一覧。記事全文へ

『舞台より素敵な生活』

舞台よりすてきな生活
ライターの多くは特別な人間じゃなく、凡人だ。例えば私の場合、別に才能とか主張があるわけでもなく、どっちかというと毎朝同じ時間に会社に行く才能がなくてライターになってしまった。だが実はこの職業に絶対必要な、別のスゴい(スゴいか?)特殊能力があるのもまた事実だ。 記事全文へ

人に見えない贅沢を分かる“常識” ERES(エレス)

エレス
お気に入りのランジェリーを身につけた日は、いつもより気分がいい。美しく繊細なレースがふんだんにあしらわれ、柔らかい極上の素材が惜しみなく使われたランジェリーを纏うことは、女性にとって密やかながら最上の喜びである。 記事全文へ

機内での幻想を抱かせてくれる音

飛行機の中で聴く音楽を一枚。仕事で海外に行くことが多い。前日の荷物の準備で一番頭を悩ますのが、CDのセレクト。僕は飛行機の中での過ごし方が決まっている。「機内の映画を観る」、「持参したCD聴く」、「寝る」、この三つ。 記事全文へ

極上のイベリコべジョータを使った2種類の料理

セグレイト
素材にこだわる「秘密」という名の隠れ家落ち着いた色彩のインテリアで清潔感溢れる空気を演出している西麻布のイタリアン「セグレイト」。昨年4月にオープンしたこのイタリア料理の店は、新鮮な素材をふんだんに盛り込んだメニューでリピーターを増やし続けている。 記事全文へ

「和ペリティーヴォ」を探る旅

「和ペリティーボ」を探る旅
5年程前、女性誌の編集長をしていた時、入社したばかりの女の子に「こんなの当たり前だろうが」と怒ったことがある。そのとき、彼女に「当たり前って何ですか?」と聞かれ、答えられず、思わず、「何だろうね?」と逆聞きしてしまった。 記事全文へ

CONTENTS