LATESTstories

真夏の夜にはモヒートを 

ザ・プレイス
ミントを使った夏にぴったりのカクテル、モヒート。ロンググラスにミントの葉と砂糖を入れ、クラッシュアイスを詰め込んだところに、ラムとソーダを注ぎ、ライムを添えたもの。作家アーネスト・へミングウェイが愛したことでも知られ、古くからキューバのスタンダードなカクテルとして紹介されてきた。 記事全文へ

贅沢なチョコレートバーのイタリア風大人空間

RHAPSODY AOYAMA
チョコレートは子供のお菓子。そんな考えが古いことは、もう常識。最近は、良質なカカオを使った、大人のためのチョコレートが巷にも続々登場している。 だがもし、本当に美味しいチョコレートを上質なひとと時と共に楽しみたいなら、ぜひ訪ねて欲しいのが青山・骨董通りにある“RHAPSODY AOYAMA”だ。 記事全文へ

『美しい人』

美しい人
例えば殺人事件の容疑者のセクシー美女に、彼女を犯人だと睨みながらも欲望ムラムラの刑事が対峙する。「被害者の保険の受取人はキミだ」「彼が勝手にしたことよ」「キミが仕向けた」「そんなことできるわけないでしょう」「彼はキミに溺れていた」「あなたも私にそんな魅力があると?」と女が挑発的な視線を投げ……ってところで、ブチっ。 記事全文へ

和ペリティーヴォな朝

wapeasa
1分1秒でもゆっくり眠っていたいという方に、朝のイメージを聞くと「バタバタ!」、「ドタドタ!」、「イライラ!」、「キツキツ!」と、あまり、いい擬音は聞こえてこない。僕は、昔から、「ジジイ」とあだ名がつくほど早寝早起きだったせいもあるのか、朝の時間が大好きである。 記事全文へ

和ペリティーヴォな時間

和ペリティーボな時間
打合せ先で、コーヒーでいいですか?と聞かれることはあっても、紅茶でいいですか?と聞かれることはあまりない。僕は、コーヒー大好き人間なので問題ないのだが、最近、コーヒーを飲めない人が周囲に意外に多いことを知った。 記事全文へ

狂おしいほど愛するひとの人生と歌声

好きな人の歌を聴くと一緒に歌いたくなって、いてもたってもいられなくなる。そして何度も、段々とその人の歌い方、ブレスの場所、声音の感じ、最後には声そのもの-----が “同じ” になるまで、一緒に歌うことを止められなくなってしまう。 記事全文へ

西洋と東洋がミックスした シノワーズ・スイーツ|PATISSERIE CHINOISE SHIROKANETEI 白金台

SHIROKANETEI
八角(ハッカク)、五香粉(ゴコウフン)、紹興酒、黒酢、陳皮、甜麺醤……。これらは、すべて中華料理で使用されるスパイスたち。そんな一癖も二癖もある個性的な食材を使用して、本格的なスイーツができるなどと誰が想像したことだろうか。 記事全文へ

ホントのところどうなの? 冠婚葬祭のひみつ

私はお見合いで結婚した。と言うと、veritaを閲覧している若い女性の中には、もしかしたら「見合い? 何、それ?」と聞き返す方がいらっしゃるかもしれない。30年近く前には、結婚適齢期(これも死語)の男女が出会うために、見合いなんていう優雅な(?)システムがあったのですよ。 記事全文へ

ルールなんて気にしない。蕎麦をもっと粋に、身近に

ふく留
蕎麦はうんちくで食べるという。蕎麦粉の産地やだしの配合にはじまって、「威勢よく音を立て、ほとんど噛まずに喰え」だとか「蕎麦つゆはちょこっとつけるだけ」「喰ったら、さっさと帰るのが粋というもの」だの、あぁ、うるさい。 記事全文へ

歴史ある名店DALLOYAU 幸福をよぶハリネズミ|DALLOYAU(ダロワイヨ)

DALLOYAU
最近でこそ、ヨーロッパの名店といわれるレストランやパティスリーがこぞって日本に進出しているが、その先駆けともいえるのがフランスの『DALLOYAU』(ダロワイヨ)だろう。 2002年に創設200年を迎えた老舗の歴史はブルボン王朝までさかのぼる。 記事全文へ

CONTENTS

ギャラリー
  • ピエール マルコリーニから花とショコラの母の日ギフト
  • ピエール マルコリーニから花とショコラの母の日ギフト
  • オリーブを摘みにチュニジアへ ~オーガニックオリーブの一大産地をたずねて~ Vol.2
  • オリーブを摘みにチュニジアへ ~オーガニックオリーブの一大産地をたずねて~ Vol.2
  • オリーブを摘みにチュニジアへ ~オーガニックオリーブの一大産地をたずねて~ Vol.2
  • オリーブを摘みにチュニジアへ ~オーガニックオリーブの一大産地をたずねて~ Vol.2
  • オリーブを摘みにチュニジアへ ~オーガニックオリーブの一大産地をたずねて~ Vol.2
  • オリーブを摘みにチュニジアへ ~オーガニックオリーブの一大産地をたずねて~ Vol.1
  • オリーブを摘みにチュニジアへ ~オーガニックオリーブの一大産地をたずねて~ Vol.1
  • オリーブを摘みにチュニジアへ ~オーガニックオリーブの一大産地をたずねて~ Vol.1
  • オリーブを摘みにチュニジアへ ~オーガニックオリーブの一大産地をたずねて~ Vol.1
  • 吉岡徳仁「ガラスの茶室 - 光庵」4月17日より国立新美術館にて特別公開