Papilles en fête,味覚のお祭り
今年、第3回目を迎える秋の味覚イベントPapilles en féte(パピーユ・アン・フェット)は、パリ19区のヴィレット・ホールが会場だ。当時、屠殺場であった名残もとうに消えうせて、今では国立音楽院や科学博物館など、文化施設のあいだを広い庭園がつづく。

鉄骨構造のホール、それがヴィレット・ホールだ。

フランス国内外の生産・栽培者など食材、ワイン、オイルなど職人気質を持つ人々が集う。出展者数は200ほどで、会期中は、一般を対象にしているので、シェフのアトリエも大人と子供に応じたセッションがある。食に関連した写真展やテーブルウェアのアイディアを提案し、雑貨も販売する。季節柄、年末年始を意識した高級食材のみに限らず、ふらりと週末に訪問できるイベントだ。

(取材・文 Kaoru URATA) 写真クレジット Kaoru URATA



このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 味覚のお祭りPapilles en féte Check