foodafter110228_1main
ワイン評論家でもソムリエでもない“ドリンキング スペシャリスト”へ、薀蓄だけでもイメージだけでもない“飲んでおいしいワイン”を届けたい――。そんな想いから、ワインコンシェルジュサービス、ノムリエ(Knowmelier)が 月に一度のワインテイスティングイベントを東京・表参道のダイニング コポンノープ(copon norp)でスタートした。

「ノムリエ ワインテイスティングルーム」と名付けられたその会は、ウェルカムでくつろいだまさにサロンのような雰囲気。2月に行われた第一回目は、日本で唯一のマスターオブワイン、Ned Goodwin氏が世界中から選りすぐったバラエティに富んだ(初回ということで特別に二十数種類!)ワインを、copon norpのワインに合う料理とともにテイスティングできるというスペシャルな回となった。 「今回は、ワイン市場が成熟した国で好評を得てきた、家でよくのまれるタイプのワインを中心に、幅広く揃えました」。Ned氏は語る。「日本の市場は地味で、カリフォルニア産かボルドー産あたりに偏っています。ワインの世界はもっと広く面白みがあるのにもったいない。一つには、ソムリエがもっと提案すべきだと思いますね」。特定のワインをプロモーションする立場ではないNed氏は、客観的にいいものをすすめてくれるので信頼性が高い。

foodafter110228_1ph02

日本未発売の幻のスイスワイン『GIROUD VINS』もお目見え。希少価値が高く、特徴的で面白い味わいの逸品。

そうしてじっくり味を確かめたワインは、予算やニーズに合わせて3つのコースが選べるマンスリーワインクラブに登録することでその場で注文でき、後日自宅に届けられる。なお、このクラブの会員であれば毎月開催されるこのイベントに無料で参加できるとのこと(イベント参加は通常3,000円~)。世界トップレベルのワインコンシェルジュがセレクトしたワインを特別価格で毎月自宅へ届けてくれるといううれしいサービス。ぜひイベントとあわせて利用してみて。
次回のノムリエ テイスティングルームは3月23日(水)に開催される予定。詳しくはこちら

foodafter110228_1ph01

この日の最高級ワインは『PORTFOLIO 2006 Napa』(25,000円)。インポーターの清家さん曰く「オーパス・ワンの醸造も手がけた女性ジェヌヴィエーヴ・ジャンセンズが手がける年間生産3,000本のワイン。手作業にこだわり、ワインの移動はポンプで行うとワインにストレスがかかるからと重力のみで移動させる方式をとるほど」とのこと。

Home Wine Cellar Concierge Service in Japan Knowmelier & Co.
このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - ノムリエのワインテイスティングルーム、3月は23日に開催 Check