20110527passthe_main
めまぐるしい程のスピードで変化していくファッションのトレンド。デザイナーたちが手をかけて仕上げた洋服たちの価値は、シーズンが過ぎたからといって失われるものではない。 しかし、暗黙のルールのうちに次から次へと急かされるようにして、過去のものとして扱われるようになってしまったのはいつの頃からだろうか。

ファッションやアートの新進クリエイターをサポートするユニット「ambianceplus+」(アンビアンスプリュス)による展示、「ambianceplus+ RE:COUTURE」展では、新進クリエイターによる12ブランドの手で「リ・クチュール」された作品が、展示・販売される。オリジナルプリントや過去のアーカイブをリメイクしたものなどの他、ニットブランド「C.T.plage」協賛で、春夏サンプルのプレーンなカットソーを各ブランドがリメイクしたものなど、それぞれのブランドのパワーを感じとれる新たな挑戦となりそうだ。

アーティストSUPER-KIKIによる、会場のフィッティング・ルームにもご注目を。
カーテンにコラージュされたぬいぐるみは全て、使わなくなった洋服を切ったり縫ったりして作ったもの。会場では、参加ブランド提供の残布を使用したコラボぬいぐるみも展示・販売される予定となっている。
一点物も多数の今回の展示。お気に入りの作品を見つけに、ぜひ足を運んでみては。

■『ambianceplus+ RE:COUTURE』展
日時:6月1日(水)~12日(日) 月~土:11 :00-21 :00 日・祝:11 :00-20 :00
場所:Pass The Baton Gallery
   東京都渋谷区神宮前4-12-10 表参道ヒルズ西館B2F
このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 服の価値を再考 過去のアーカイブをリメイクする「ambianceplus Check