111020magdalena_main
パリ5区を代表するパティシエの一人といえば、カール・マルレッティだ。一度訪れた客をとりこにしてしまい、リピーターは後を断たない。近所にあったらいいなと思える理想のケーキ屋さんである。

写真:©Gregory NUNEZ

9月末に店頭に登場した新商品は、「マグダレナ」。オリーブオイル「ロール・ドゥ・トレーヌ」を用いたマドレーヌである。それも、生産者フランソワーズ・プジェ・ドゥ・カタドールさんが手塩にかけて開発した一押しの絶品。彼女も、カールの菓子を一度試食してとりこになったお客である。そうした出会いが、実を結んだ。
南仏の風土をたっぷりと吸収し、洗練されたフルーティーな香りのオリーブ・オイルとバターが、ほどよく溶けあい、カールのお菓子への情熱が合致して、「マグダレナ」は品の良い末娘として店頭に並ぶ。
今回の新商品発表では、茶房メゾン・ヴェルレが販売するジャスミン茶と試食させていただいた。「マグダレナ」は、午後の一時を旅情感に包んでくれる、そんなマドレーヌである。

(取材・文 Kaoru URATA)

Carl Marletti
51 rue Censier 75005 Paris
このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - パティシエ カール・マルレッティのとっておきのマドレーヌ Check