201201tipness
「スラックライン」とは、1960年代のアメリカのクライマー達の遊びから生まれた”綱渡り”を楽しむエクササイズのこと。専用器具に張った5cm幅のナイロンベルトの上に立ったり歩いたりジャンプしたりすることで、遊び感覚で楽しみながら自然に体幹の筋肉を鍛え、バランス感覚を養うことができる。

体幹の筋肉は、腕や脚を使うときに身体を安定させ、パワフルな動作や筋効率の向上などさまざまな運動効果に大きく関与しており、近年各スポーツの指導者にもその重要性が認識されてきた。2000年代後半に効果的な体幹トレーニングができる「スラックライン」がヨーロッパで盛んになり、日本でも2010年くらいから選手権大会が開かれるなど、流行しつつあるのだ。「スラックライン」の主な効果は3つ、体幹部の強化、バランス感覚の向上、そして集中によるメンタルトレーニングだ。ティップ.クロス TOKYO 渋谷では、1月5日よりジムエリアにて自由にこの「スラックライン」が利用できるほか、ファンクショナルトレーニングプログラム内でも使用できる。

遊び感覚で楽しみながらトレーニングができ、上達の喜びも感じられる「スラックライン」。ぜひ挑戦してみてはいかがだろうか。

■お問い合わせ先:ティップ.クロス TOKYO 渋谷
東京都渋谷区宇田川町16-4
このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - ”綱渡り”で体幹を鍛える「スラックライン」 ティップ.クロス TOKYO 渋谷にて導入スタート Check