yuko_san
何気なく玄関に漂うフレグランスバーのおもてなしの香り。シュッとひと吹き出幸せな気分をもたらすリネンウォーター。つくりたての新鮮な香りを閉じ込めた石けん。主役にはならない脇役だけれど、日常空間で毎日をちょっとした贅沢な気持ちにさせてくれる日常品。そんなGUEST & MEのプロダクトたちに新たなラインナップが加わった。 昨年12月22日に発売されたばかりの「アロマ バス エッセンス」は、GUEST & MEならではの<リラックス>と<リフレッシュ>の2つの香りが上質なバスタイムを演出。くつろぎ、そして癒される時間を五感で楽しむことが人生に豊かな彩りをもたらしてくれる。

≫GUEST & ME アロマ バス エッセンスについて詳しくはこちらから。

香り、彩り、味わい、五感のすべてをデザインして食の楽しみを表現する

「料理をしている時が一番時間が過ぎるのが早いんです。自分がこれだと思うもの、それが料理だったのでこの世界に飛び込みました。」そう笑顔で語ってくれたのは、フードコーディネーターのゆうこさん。2010年に、Food Studdio Vitaを設立し、大手スーパー広告、POP撮影、食品会社商品パッケージ撮影、各種キャンペーン広告用料理作成、TVドラマの劇中料理作成、フードコーディネート、レシピ監修など食を中心として幅広く活動中。GUEST & MEインタビューVol.1は、そんなゆうこさんがデザインする食空間と毎日を自分らしく過ごすためのライフスタイルの秘訣を伺った。

2012-03-23_112645料理家を志す前は、実は公務員で役所の仕事をしていたというゆうこさん。「以前の職場では主に事務の仕事をしていたのですが、毎日とにかく勤務時間がとても長く感じられていました。それなりにやりがいのある仕事ではあったものの、本当に自分がすべきものなのかという疑問に向き合った時に、やっぱり自分がやっていて一番楽しいことを仕事にしたいと思うようになりました。」事務の仕事を続けながら、料理の勉強を始めたゆうこさんは、その後自分の希望を叶えるために着々と料理の世界で経験を積んでいく。「何かに向っている時の苦労って、それは楽しい勉強であって決してつらいものではなかったです。」
「料理って食材の持つ個性を活かして、香り、彩り、味、食感に至るまですべての五感を"美味しい”と感じられるものにデザインしていくことですよね。今、こうしてフードコーディネーターとしてレシピの開発や自分が手掛ける料理を披露して、それをお店や、またはご自宅でご自身で作ってみてくれた時に、その食卓を囲む方たちが『美味しい!』といって笑顔になってくる。そういうことが自分にできること、そして自分がやりたいことなんだって思えるから。そんなフードコーディネーターの仕事をしている"今”がとても楽しいんです。」

"料理”が日常にもたらすクリエイティブな感性

はらさんが毎日のなかで最も充実した時間を感じるのが、料理の食材選びをする時だという。食材を選ぶ楽しみについて伺った。「マルシェで生産者の人と会話をしながら食材を選ぶことが好きです。生産者の方って楽しいひとや面白いひとが多いんですよね。美味しい食べ方もよくご存じで、会話をしているとまるで野菜を自分の子供のように慈しんでいる気持ちが伝わってきます。そうやって野菜などを見ていると、作り手によってそれぞれ表情が違って見えるからまたそれが楽しい。土と人の手が食材を生み出しているということを日々感じること、それが料理をするときに一番インスピレーションをもたらしてくれる源になっているのではないでしょうか。」

「撮影の時や時間のない時は、マルシェで食材を選ぶということがなかなかできなかったり、どうしても形が良いモノを選ばなければならないものです。でも本当は、不揃いで個性豊かな表情のある食材を使って料理をするほうが楽しかったりします。料理って、ただ食べるために作るものじゃないから。毎日いろんなことが起こるじゃないですか。でも忙しかったり、自分に余裕がなかったりしているうちに、いつしか感覚や気持ちのボタンが掛け違われてしまっていることってよくあると思います。そんな時に、材料を吟味して選び、丁寧に下ごしらえをして、一つひとつの料理の過程を進めていく。そうして、一皿できあがるうちに、気持ちのなかもすっきりしてくることがあります。その日、その時、手に入る食材の表情も違えば、私の表情も違っている。料理を作る行為で、いつも新鮮な気持ちを取り戻すことができるんだと思います。」

忙しさから解放されるのは、帰宅後のバスタイム。
<リラックス>するプライベートな時間が仕事のクオリティを維持する秘訣


201204llion
(写真)GUEST & ME 新入浴液 アロマ バス エッセンス

そんなゆうこさんが、リラックスできる時間がバスタイム。「撮影の現場というのは、緊張感があって、時間も長いですので、帰宅してからのバスタイムが一番ほっとできる時間です。入浴剤もよく使っています。香りがあるものの方が感覚まで癒される気がして好きです。」

2012-03-23_113323GUEST & MEのアロマ バス エッセンスについて伺った。「はじめGUEST & MEを見た時、すごくお洒落!って思いました。パッケージもシンプルなのにスタイリッシュで、メーカーがライオン株式会社さんだって知って、それがとても意外でした。(笑)日常生活に求めている居心地のよい空間のイメージにぴったりなアイテムの気がしますね。質がいいから、あえてゴテゴテ飾り立てなくてもいい。素材そのものを活かして食空間をデザインする料理家の仕事と、GUEST & MEのコンセプトは、どこか似ているところがあるかもしれません。」

「あと気に入ったのは香りです。私はローズの香りがもともと好きなのですが、GUEST & MEの<リラックス>の香りっていいですよね。料理も彩りや見た目と同じくらい、香りが重要な要素なので、使い心地、香りにまでこだわっているアイテムってとても好感が持てます。明日も頑張ろうっていう気持ちにさせてくれるエッセンスが詰まったプロダクトって、日常生活に何気に必要なものですよね。」

(photo by misa inage)

>>>いつも手の届くところに、特別な使いごこちを GUEST & ME 日常のちょっと贅沢なアロマ バス エッセンス TOP

freeTEMPO,Life

ゆうこ/フードコーディネーター・フードプランナー

フードコーディネーター赤堀博美氏に師事。2010年に、Food Studdio Vitaを設立。大手スーパー広告、POP撮影、食品会社商品パッケージ撮影、各種キャンペーン広告用料理作成、TVドラマの劇中料理作成、フードコーディネート、レシピ監修など食を中心として幅広く活動をする。フードコーディネーター、食育アドバイザー、食品衛生管理責任者、家庭科教員免許、華道草月流師範、だしソムリエ、だしソムリエ協会アドバイザーの資格を持つ。



このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 日常生活を五感でデザインする女性たち【GUEST & MEインタビュー】Vol.1 フードコーディネーターゆうこさん Check