201209ab_bali2
リゾート地に赴いたなら、スパでのリラクシングは欠かせない。そんな人も多いだろう。特に女性なら、スパのクオリティ、トリートメントの充実度はホテル選びにおいても重要なチェック事項だ。

日常のコリを解きほぐす、バリニーズマッサージの極意を堪能するスパ

kjknigapkspa「W BALI SEMINYAK RETREAT & SPA」には、日常からゆったりと距離をとり、ベストコンディションを取り戻すための「AWAY® Spa」がある。しかも、いつでもゲストの要望に応えられるよう、24時間オープンしているのだ。清潔感と高いデザイン性、プライベート感を重んじた空間は極めて居心地が良く、そこで施術に臨むスタッフは、高い技術とホスピタリティで心と身体を日々のストレスから解き放ってくれる。おすすめは、ウェルヒールドマッサージ。バリニーズ・マッサージのテイストを存分に取り入れたこのトリートメントは、指と手のひらで程よい圧をかけながら、ときにストレッチの技法を取り入れつつ、絶妙なタッチで筋肉の緊張を和らげ、血行を促進してくれる。さらに、身体を温める新鮮なショウガを悩みのある部位へ塗布し、緊張して疲れた身体をほぐしていくので、痛みや悩みが和らいでいく。これは長旅の疲れを癒すのに最適だ。豊富なメニューの中から、ボディ、フェイシャル、マッサージ、ウェットセラピー、ドライセラピーなどを自由に組み合わせることも可能。これまで、最長7時間のカスタマイズメニューを堪能したゲストもいたのだとか。さすがにそれは無理だとしても、さまざまな伝統的癒しのテクニックを取り入れたマッサージを受けるため、滞在中に幾度となく足を運びたくなることだろう。すべてのトリートメントに使われるのは、食用にしても安全な新鮮で100%天然成分を使って作られた「AWAY®」ブランドのスパ製品。安心できる良質素材を使用しているかどうかも、リラクシングには欠かせない要素だろう。

施設内に点在するリラックスポイントで、滞在中いつでも極上のサービスを

施設内にはホットストーンバス、飲食ができるスパ・バー「チル」などがあるので、トリートメントの1時間前ぐらいには出かけ、心と身体をほぐしておくのが理想的。トリートメント前にはコンサルティングがあること、血行を促してトリートメントの効果を最大限に引き出すために酸素吸引をおこなう空間「デトックス・チェンバー」で10分ほどを過ごすことを考えると、最低でも予約時間の20分前には受付を済ませたい。
また、ホテル内外でのナイトライフが充実しているロケーションならではだが、スパ内にはヘアサロン、マニキュア/ペディキュアラウンジもあり、こちらも24時間オープンしている。心身ともにリフレッシュしたら、ドレスアップも怠りなく。さあ、とびきりの夜を楽しんで!
lolojpo9873
その他にも、モダンなライフスタイルを象徴する158の客室と、インドネシアの村をイメージした敷地に佇む79のヴィラなど、いずれもWライフを体現する空間が広がる。世界の著名人が休暇に訪れる素晴らしいビーチや、インドネシアの田園のトロピカルシーンを思い起こさせるクールな「WET®」プール、夕焼けも鑑賞できるWOOバー、ビーチサイドバーの「アイス」、アジアのフュージョン料理が楽しめるビーチサイドダイニング「スターフィッシュブルー」、フィットネスセンター「SWEAT®」などへの気軽なアクセスを好むなら、メインビルディングの客室へ。静かな時間、家族数人でのよりプライベートなひとときを大事にしたいなら、1ベッドルームから3ベッドルームまで部屋数が選べるヴィラへ。ヴィラ滞在ならトロピカルガーデンの中心にある「Wオアシス」で過ごすのもおすすめ。ここは、リゾートの賑わいから離れた、宿泊客専用の静かなオアシス。バリ島の伝統に満ちたこの場所では、結婚式やカクテルパーティーから、プライベートなパーティー、ロマンティックなディナーまで、プライベートイベントを開くことも可能だ。
ljj2365
ホテル内トロピカルガーデンにある「Wオアシス」

型にはまらない滞在を約束してくれる「W BALI SEMINYAK RETREAT & SPA」。滞在をより良いものにするために、願い事や悩み事があれば、「Whatever/whenever」に相談を。“お望みのものすべてを、お望みの時に”というコンシェルジュサービスなので、特別な思い出を作るため、ぜひ気軽に相談してみてはいかがだろう。

ホテルの外で遊ぶ!
人気のアンティーク・カフェでハイティーとタロットリーディングを体験


ホテル内だけでも充実した休暇が楽しめるが、敷地の外に一歩でも出れば、そこはバリ島で最もホットなエリア、スミニャックの中心部。ときには、おしゃれなショップやカフェなどを覗きつつ、地元の人々にまじってそぞろ歩きもいいだろう。そんなとき、ぜひ訪れて欲しいのが、「biku」。ホテルのメインエントランスから徒歩2分の距離にある人気のアンティーク・カフェだ。

jnj32981スミニャックはクタの北にあり、小さな店やレストラン、カフェ、ラグジュアリーな小規模ホテルなどが建ち並ぶ、賑やかながらも落ち着いたたたずまいも持つエリア。ングラライ国際空港からも車で30分程度と便利なこともあり、西洋人が多く住む。そんなインドネシア在住の外国人にも人気の「biku」は、オーストラリア人のオーナーが、2008年に伝統的なティー・ハウスとしてオープンさせた。アンティーク家具をスタイリッシュに配置した空間でいただけるのは、サンドウィッチやケーキやスコーン。ボリュームのある朝食も有名で、休日の午前中は、家族連れがのんびりとした朝のひとときを楽しんでいる。
常に賑わいを見せる店内が、特に混み合うのが午後。特に休日は、ハイティー目当ての地元客、旅行者が空席を待つ姿も見られるほどだ。名物のハイティーは、1人前85000ルピア。2人前なら、サンドウィッチやキッシュ、スコーン、クッキーやタルトの乗った3段重ねのプレートでサーブされる。また、アジア料理のテイストを取り入れたアジアンハイティーもあるので、インドネシアならではの味を楽しんでみるのもいいだろう。いずれも、ホイップクリームの乗ったイチゴ、紅茶(メニューから選べる)がついてくるのでかなりのボリュームだ。ぜひ、ランチを抜いてでかけたい。
iohkaw83
実は、このカフェにはハイティーのほかに、もうひとつの名物がある。午後1時~5時前の間、専属の占い師によるタロットリーディング(80000ルピア/15分)だ。経験を積んだリーダーによる占いは、当たると大評判で、予約なしには見てもらえないほどの人気。ハイティーも、タロットリーディングも、確実に体験したいのならば、予約をしておくことがおすすめだ。店内では、アンティークや本、テイクアウトもできるケーキなどを販売しているので、お茶の時間がなくても、立ち寄ってみては。

Biku(ティーハウス ビク)
住所:Jalan Raya Petitenget No.888, Kerobokan
Tel:(0361)8570-888
営業時間 8:00-23:00

(text by Jun Makiguchi) 
info

Wリトリート&スパ バリ-スミニャック
(W Retreat & Spa Bali Seminyak)


住所:Jl. Petitenget, Kerobokan, Seminyak 80361
Tel: 0361-4738106
チェックイン / チェックアウト:15:00 / 12:00
W Hotels オフィシャルWebサイトはこちら