taipei3

2014年5月にオープンした、「マンダリン オリエンタル 台北」は今の台北を象徴するホテルと言ってもいいだろう。建設中から、「ホーンデットマンション?」と話題になったヨーロピアン調の豪奢な建物はもはやすっかり台北の街並みに溶け込んでいる。 台北市の繁華街・敦化北路に位置し、羽田空港からの直行便も就航している台湾松山空港には車でわずか5分、ショッピングやビジネスの中心である台湾一の高層ビル「台北 101」や台北きってのおしゃれエリア、忠孝東路へも車で15 分程度の距離にある。

mandarintaipei3「マンダリン オリエンタル」らしい、東洋と西洋の色彩、格式とモダンを両立させたエレガントなデザインの客室は計303室。台北市内のホテルの客室は比較的小さいところが多いが、「マンダリン オリエンタル台北」はスタンダードの客室でも55㎡と台北最大を誇る。
ホテルロビーに位置する「The Jade Lounge」でマンダリン オリエンタルが誇る自慢のアフタヌーン ティーを楽しんだり、「アンダーズ東京」を手がけた、トニー・チーが内装を担当した館内の3つのレストラン「Café Un Deux Trois」「Ya Ge」」Bencotto」を巡ったりと、宿泊はしなくても楽しみ方は多彩。館内には、デザイナーの有名無名、国籍、作風を問わず、「デザイン性」を重視して集められた、1700点以上ものアートが点在している。エントランスに飾られている、5万個のクリスタルでできた豪奢なシャンデリアもぜひチェックして! 活気あふれる台北の街を存分に楽しんだ後はラグジュアリーなホテルでリトリート。今度の台北旅行はそんな過ごしも選択肢に入れてみては?

右写真:街路樹が美しい大通りに位置する、ヨーロッパのお城のような建物は、構想から8年を要し、名ホテルの跡地に一から建設された。

mandarintaipei2
写真左:大理石のエントランスでは、クリスタルで作られた豪奢なシャンデリアが出迎えてくれる。右:館内には約1700点のアート作品が点在。フレンチ ブラッスリー「カフェ アン ドゥ トロワ」の階段部分の作品は、ホテルオープン前にアーティストが訪れ、この場で仕上げた。

INFO:
マンダリン オリエンタル 台北 
住所/台灣台北敦化北路158號


sen

1bffbabf

chinaair日本‐台湾間で最多の便数と最大の座席供給量を誇るのが、2014年12月に創立55周年を迎えた、台湾のフラッグキャリア、チャイナ エアラインだ。
東京(羽田・成田)、関西など日本国内の14空港に、台湾との直行便を運航。便数も豊富で、羽田国際空港から台北市内中心部に位置する台北松山空港へは毎日1日4便(共同運航便を含む)、成田空港からは台湾桃園国際空港まで毎日1日3便を運航している。台北松山空港から台北の繁華街まで車で15分程度という利便性の高さは、時間が限られている旅行者にはこの上ないメリットだ。
また、チャイナ エアラインの台湾便は距離が近いこともあり、手が届く範囲でビジネスクラスを利用しやすいのも魅力。「医食同源」をコンセプトとする機内食やゆったりしたシートなど快適なフライトで、優雅な台北への旅を楽しみたい。台湾桃園国際空港のラウンジ(ビジネスクラス、ファーストクラス)も要チェック。ゴージャスな空間で、ヌードルや点心、フルーツ、中国茶など、台湾を離れる直前まで心ゆくまで美食が満喫できる。少し予算をアップして、リュクスな旅を演出してみては?

INFO:
チャイナ エアライン 

text Aya Hasegawa

sen

1
Discover TAIPEI
>>アートで巡る台北の旅
>>台北の「お洒落なライフスタイル」を牽引する「VVG」
>>台北随一のラグジュアリーホテル「マンダリン オリエンタル 台北」
このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - Taipei Geek | 台北随一のラグジュアリーホテル「マンダリン オリエンタル 台北」 Check