ecle_main
東京・青山の表参道駅からほど近く、ハイエンドなファッションブティックが並ぶ裏路地にあるビル2階に、モダン&クリエイティブなネオビストロ「& éclé (アンドエクレ)」がオープンした。日本で唯一の6つ星ホテル「マンダリンオリエンタル東京」のメインダイニング「シグネチャー」の初代シェフとして、2007年より連続でミシュラン1つ星を獲得してきたオリヴィエ ロドリゲス氏が、満を持してオープンした自身初のネオビストロ。 ミシュランクオリティーのガストロノミーの技術に裏打ちされた、ロドリゲス氏ならではの美しい料理の数々を、肩肘張らずデイリー&カジュアルに楽しむことができる一軒だ。

(写真上)「& éclé」を象徴するランチメニューの”クーリシャス”は、ガストロノミーの技術から生まれたオリジナルジャンル。

ecle_01異国情緒にあふれる店内は、グラフィカルなタイルウォールやウッドフロア、邸宅の一室を思わせるプライベートルーム(6名まで)など、表参道に相応しくスタイリッシュで洗練されていて女性好み。

料理は、日本に馴染みの深い旬の食材をベースにしながらも、スパイスやフレーバー、ハーブ&野菜を巧みに合わせたクリエイティブな一品が揃う。

(写真左)フランス出身のシェフ オリヴィエ ロドリゲス氏

「& éclé」のメニューにモダンなオリジナリティを加えているのが、旬野菜を使って仕上げる色鮮やかなフレンチソース「クーリ」の存在だ。色素や添加物は一切加えず、野菜の色・味がそのまま活かされていて、見た目の美しさもさることながら、お味も美味でヘルシー。意識して野菜を食べずとも、一皿のうちで何種もの野菜がいただけてしまうのは、野菜不足な現代人にとっては嬉しい。

ネオビストロに加えて、象徴的なランチメニューには、さまざまな種類のライスやシリアルをオリジナルでブレンドし、クーリとともに提供する新スタイル"クーリシャス”を、同店オリジナルのジャンルとして打ち出している。 ecle_02
(写真上)左上:「フィンガーグルマン」 左下:センスのいいリラックスムードな店内。右:ランチメニューの、「クーリシャス:黒米&スミイカのアロマティックハーブ withたまねぎクーリ」(スープ、サラダ、パン付き 1,600円)

"Garden"、"Ocean"、"Farm"の3つのカテゴリーごとに、3種の"クーリシャス"を用意。例えば「クーリシャス:黒米&スミイカのアロマティックハーブ withたまねぎクーリ」(1,600円)や、「アニス風味の赤米&チョリソーとウイキョウのサラダ withフェンネルクーリ」(1,800円)など、ライスやシリアルの素朴さに、奥行きのある味わいのクーリが絶妙にマッチして、食感、色彩、アロマ、味覚を通して旬を体感できる。クーリシャスの価格は1,400円~1,800円で、スープ、サラダ、パン付き。ボリュームもあり、リーズナブルだ。ビジネスランチスポットとしてもおすすめ。

夜は、"クーリシャス"のほかに、「函館直送鮮魚のポワレ」「ポーチド"きよら卵"」「タイムでローストしたラム」など、「クーリ」と合わせたネオビストロメニューをアラカルトとコースで用意している。ドリンクメニューのワインはボトルの他、グラスで毎日6種以上用意し、産地や品種といったカテゴリーではなく、「爽やか」「軽やか」といった味わい別にカテゴライズされているため、気分や料理に合わせてセレクトしやすい。実際にお店に足を運んでみれば、ランチ、ディナー、ドリンクメニューの細部に至るまで、"客目線"での行き届いたサービスと居心地の良さを感じることができるはず。

2012-01-13_174542

& éclé(アンドエクレ)

東京都南青山5-5-4 ルーチェ南青山2F
Tel:03-6712-5018
営業時間:ランチ 11:30 ~14:30(L.O.)、ディナー 18:00~22:00(L.O.)
定休日:無休(年末年始を除く)

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 旬野菜のソース "クーリ" で彩るネオビストロ 表参道「& éclé(アンドエクレ)」 Check