apollo
東急プラザ銀座の最上階11階に、オーストラリア・シドニーの人気店でモダンギリシャレストラン「THE APOLLO(アポロ)」がオープンした。同店はギリシャ系オーストラリア人であるオーナーの Sam とオーナーシェフの Jonathan が2012年、 シドニーでスタートして以来、「The Australian Hot 50 restaurant」を3年連続で受賞し、4年連続「Australian gourmet traveller」トップ100に選ばれるなど、地元オーストラリアの人々をはじめ、モデルやハリウッドスターたちを虜にしている。

(写真上)ラム肩肉をじっくり10時間煮込み、さらにオーブンで1時間ジューシーに焼き上げた「ラムショルダー」(3,200円)。

375cbd08ロングカウンターが目を引く店内は、近年、美食で存在感を増すオーストラリアならではのロハスでスタイリッシュなムード。オーストラリアの魚介や野菜、果物をたっぷり使用し、オリーブオイルを基調にギリシャ料理ならではのシンプルでありながら、ひと味もたせるアレンジを加えたモダングリークは、美食店ひしめく銀座の街にも新鮮な印象を与える。

グリークフードは、イタリア料理、スペイン料理、モロッコ料理とともに、2010年に地中海料理として世界無形文化遺産に登録されているインターナショナルなカルチャーフードでもある。魚介類、穀物、乳製品、野菜、果物類をバランスよくとり、油脂分は肉類を少量、オリーブオイルを中心として摂取することができるので、とてもヘルシーであり、かつプリミティブな味わいを感じさせる。

b204bf1e
(写真上)左上:左「"レモンパイ" アポロスタイル」と右「グリークサラダ」、左下:「サガナキチーズ」、右:「ギリシャ産カラマタオリーブのマリネ」と「タラマサラータ」

ギリシャ産の香ばしく焼き上げたピタブレッドにディップしていただく「タラマサラータ」(1,200円)や、トマト、キュウリ、カラマタオリーブにフェタチーズ(同店では、通常ヤギのミルクを使うところを牛乳由来を使用しているからマイルドでクリーミーな仕上りに。くせの強いチーズが苦手な人にも食べやすい味わいだ。)を乗せた「グリークサラダ」(1,600円)など、ポピュラーなギリシャ料理でありながら、洗練されている。シドニー本店で一番人気は、ギリシャ産チーズのケファログラヴィエラチーズをこんがりと焼いた「サガナキチーズ」(1,800円)。牛やオージービーフなどの炭火焼も評判だが、メインディッシュはボリューミーな「ラムショルダー」(3,200円)を大勢でシェアしても楽しい。食後には、レモンの風味のメレンゲのデザート「"レモンパイ" アポロスタイル」(1,600円)が爽やかな余韻を残してくれる。

1お酒の愉しみも同店の魅力。ワインには、ソムリエでもある Sam がセレクトした希少なナチュラルモダンワインや、"マスター・オブ・ワイン"の資格を持つ大橋健一氏がセレクトするギリシャワインが常時120種ほど揃う。さらにロングカウンターではギリシャリキュールやギリシャの山で自生している野草などを使った珍しいフレッシュカクテルもぜひトライしてみたい。

restaurant information


2012-01-13_174542THE APOLLO(アポロ)

住所:東京都中央区銀座5丁目2番1号 東急プラザ銀座 11F
Tel:03-3572-4200(予約専用)
営業時間:11:00~23:00(L.O.フードは閉店1時間前、ドリンクは30分前)
客席数:180席(個室2室)
定休日:東急プラザ銀座に準ずる