nespresso
ワインもウィスキーも、エイジングを重ねるたびに味わい深くなるものだけれども、ことコーヒーに関しては、豆の鮮度が重要と思い込んでいる人が多いのでは? 3月1日(水)に新発売となった、ネスプレッソの「SELECTION VINTAGE 2014(セレクション ヴィンテージ 2014)」を飲めば、その考えは変わるかも。

筆者はあまり耳にしたことがなかったエイジド・コーヒーだが、その歴史は古く、1700年代にさかのぼるものなのだそう。今回誕生した「SELECTION VINTAGE 2014」は、厳選したコロンビア産のアラビカ豆が、徹底した品質管理のもと、数年にわたる丁寧な熟成プロセスを経て、希少価値が非常に高いエイジド・コーヒーとして生まれ変わった。コーヒー豆の熟成には実に3年の月日がかけられており、木を想わせるエレガントな香りとやわらかいフルーティーな香り、ビロードのようになめらかな口あたりが一体となった複雑な味わいを引き出している。この贅沢なコーヒーを楽しむのには、エスプレッソ(40ml)、ブラックで味わうのがおすすめ。ぜひお試しを。

<商品情報>「SELECTION VINTAGE 2014」1本10カプセル入り 1,040円。3月1日(水)発売。

■お問い合わせ先:ネスプレッソクラブ
Tel:0120‐57‐7075
https://www.nespresso.com
このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - うっとりするようなフルボディのエイジド・コーヒーを味わって。ネスプレッソから新発売 Check