hiramatsu_hakone_main
「ザ・ひらまつ ホテルズ&リゾーツ 仙石原」は、箱根・仙石原を代表する景色のひとつ、すすき野原のすぐ近くに位置する。東京からは車で約2時間。高速バスのバス停が近いので公共の交通機関でのアクセスも容易だ。 箱根外輪山に囲まれた仙石原は、富士箱根伊豆国立公園の特別地域に指定されており、四季折々の自然を感じられるエリア。かつては湖の底にあったと言われ、日本初の湿原植物園「箱根湿生花園」にその名残を見ることができる。金時山の南のふもとに広がるすすき野原は、秋には黄金色の大海原となる。雄大な富士山が目の前に迫る晴れた日はもちろん、雨の日も幻想的な風景を作りあげる、どんな天気であってもそれぞれ趣きがある。

県道からそれた小さな坂道を上がると、郊外の一軒家レストランや小さな美術館のような、モダンな建物が目に入る。これが「ザ・ひらまつ ホテルズ&リゾーツ 仙石原」だ。賢島、熱海の施設は既存の建物をリノベーションしたものだが、仙石原の施設はひらまつが一から手がけた新築物件。ひらまつが理想とする宿泊施設を存分に体現しており、旗艦ホテルに位置付けている理由もこのあたりにあるのだろう。

sen
29fbabb9

screenshotエントランスを入ると、早速リオネル・ファイニンガーの絵画が出迎えてくれる。賢島、熱海の施設同様、シャガールやピカソの作品のリトグラフや、片岡球子、草間弥生など日本人画家の作品にいたるまで、リトグラフとオリジナルをあわせ100点をこえるアートが随所に散りばめられている。ひらまつの創始者である平松博利会長のセレクトによるもので、”アートに囲まれ、アートを愛で、アートに癒されながら”滞在を楽しんで欲しいというホスピタリティを垣間見ることができる。アンティーク家具とシャンデリアが印象的なラウンジで、フランスの高級ジュースブランド「アラン・ミリア」のウェルカムジュースをいただきながらチェックインを済ませる。大きくとられた窓の外には箱根の山並みが広がる。

シャガールのリトグラフなど複数のアートが配されたこのラウンジは、ディナータイムには宿泊客以外のゲストのためのレストランスペースとなる。賢島、熱海に続き3軒目の宿泊施設にして、初めて宿泊者以外のゲストもディナーを利用できるエリアを設けたのである。

925435f2


一室一室、誂えが異なるゲストルームは全11室。内装と建築ディレクションは、賢島、熱海の施設同様、Glomourus.co.ltd.、森田恭通氏が担当した。インテリアに天然大理石トラバーチンやアンティコスタッコ塗装を取り入れ、素材感とヴィヴィッドな色遣いを駆使。華やかな印象ながらも落ち着いた雰囲気に仕上げている。

部屋に用意されていたウェルカムスイーツは、パティシエ特製のパウンドケーキだ。一口で悦びに満たされるお菓子にも、ひらまつクオリティが感じられる。客室の冷蔵庫のソフトドリンクはフリー。こちらにもアラン・ミリアのジュースが入っていた。賢島、熱海と同様で、ひらまつの宿泊施設ではスタンダードなサービスということだろう。温泉に入ったあとにいただこうと楽しい計画を立てる。

925435f222

8fcd67a6「ザ・ひらまつ ホテルズ&リゾーツ 仙石原」に大浴場はない。全室に温泉風呂を備えており、美肌の湯と称される新姥子温泉の単純温泉が楽しめる。どちらも源泉かけ流しだ。浴室は客室内にあり、大きな窓を開放すれば、半露天気分で湯あみができるという構造は、賢島、熱海と同様。四季折々に異なる表情を見せる箱根の森に抱かれながら、めくるめく時間を過ごしたい。和風庭園を望む1階、外輪山の後ろに顔をのぞかせる富士山が目の前に見える2階、3階とどちらの景色も捨てがたく、すべての部屋が「特別」だ。

浴室と寝室の間には仕切りの扉が備えられていてプライベートが完全に守られた空間で、気軽に誰にも気兼ねなく、いつでも何度でも箱根の名湯に浸かることができるのは贅沢の極みだ。ひのき製品の制作過程で排出されるかんなくずを利用し、香りをとじ込めた「ひのきリボン」は入浴剤代わりに。浴槽の横にはシャワースペースがあり、細かなことかもしれないが、座って体が洗えるように椅子が用意されているのも気がきいている。 ※噴火により、現在、姥子温泉のみ提供中。大涌谷温泉は2018年以降に再開予定

寝具へのこだわりも見逃せない。全室に、最高の眠り心地を実現するマットレスブランド「レガリア」のものを使用。1904年創業のアメリカの老舗マットレスブランド・キングスダウン社と大塚家具が、技術・歴史と最新テクノロジーを駆使し共同開発したマットレスだ。この極上のマットレスで午睡をむさぼろうか、でも寝てしまうのがもったいないような、と考えを巡らせながら、このまま部屋でゆるゆると時間を過ごしたい気もするが、やはりここに来ての醍醐味はディナーだ。レストランに向かう足取りは、これから始まる歓びの時間への期待で、いやがうえにも軽やかになる。

後編へ続く。

hiramatsu_fasade

ザ・ひらまつ ホテルズ&リゾーツ 仙石原
神奈川県足柄下郡箱根町仙石原 1245-337
Tel:0460-83-8981
客室数:11室
www.hiramatsuhotels.com/sengokuhara/




このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 美食逗留 ひらまつが極めたホテル 第三章 神奈川・箱根 仙石原 前編 Check