interosaka_main
大阪の名所「グランフロント大阪」に位置し、大阪・梅田両駅に直結するコンテンポラリーラグジュアリーホテル「インターコンチネンタルホテル大阪」で、世界180以上のホテルやリゾートでラグジュアリーな滞在を提供しているインターコンチネンタル ホテルズ&リゾーツが提案する 「クラブインターコンチネンタル」の新サービスを体験。パーソナライズされたサービス、細部へのこだわり、ハードとソフトともに洗練された、特別な思い出を演出するホテルステイのラグジュアリーに新定義!

409e148b
sen

intercont2インターコンチネンタルが、次世代の富裕層旅行者のニーズに完全にマッチする新しいレベルのサービスとして打ち出している「クラブインターコンチネンタル」は、これまでゲストルームに滞在することがメインと思われがちだったホテルステイに、ワンランク上の愉しみを発見できるオプションだ。専用ラウンジでのチェックインや専用コンシェルジュによる観光情報の案内や各種予約などといった、滞在目的に合わせて小回りの利いたサービスを利用できる。
interosaka3
特筆すべきは、モダンなインテリアに囲まれ、大阪の街を一望できるクラブインターコンチネンタル 専用ラウンジで提供される朝食やアフタヌーンティー、夕方のイブニングカクテルのクオリティだ。従来のコンチネンタルビュッフェスタイルの朝食とは一線を画す、専用ラウンジの朝食(7:00〜11:00)は、ブッフェ台に乗せられた各種前菜やデザートの他、本格的で見目麗しい和洋取りそろえたメインメニューの数々からも好みの一品を選ぶことができる。充実した朝食が、この上なく贅沢な気持ちで一日をスタートさせることは疑う余地もない。愉しみは午後も続く。アフタヌーンティー(14:30〜16:30)には、3段のケーキスタンドに、チョコレートやケーキ、マカロンなどのスイーツ、新鮮なサラダやサーモンなどを具だくさんに挟み込んだサンドイッチ、味わい深いスコーン、日本らしさ香る和菓子が美しく並べられて運ばれてくる。ホテルチェックイン開始の15時から16時半までの間にホテルに到着すれば、心躍るホテルステイの始まりにうってつけだ。
17時半からのイブニングカクテル(17:30〜19:30)には、洒落たおつまみをいただきながらシャンパンで乾杯。ドラマティックに移り変わる大阪の眺望を眺めながら、ディナーまでのつかの間の時間を、ぜひ大切な人たちとシェアしたい。

409e148b2
sen

intercont4
2018年に開業5周年を迎えるインターコンチネンタルホテル大阪は、比較的若いホテルながら、大阪の街の活気にたがわぬ勢いを感じさせるホテルだ。フレンドリーなスタッフによる居心地の良い接客や、最新設備を整えたゲストルーム、そして洗練された空間でトレンディな食の今を楽しめるダイニングレストラン、カフェ、バーの5つの料飲施設。いずれもワールドクラスのホテルならではの設えの中に、どこか日本的な趣と、大阪ならではのエネルギッシュな陽気な空気が漂う。近隣ビジネスパーソンの利用や海外からのゲストはもちろん、ファミリー向けのホテルとしても需要が高い。とりわけ、長期滞在可能なレジデンシャルスイートは、通常のゲストルームの設備以外に、キッチン、ダイニングに洗濯機までが備え付けられているので、アットホームなムードで家族だんらんを楽しむことができるのでおすすめだ。

interosaka6
ホテルステイの大きな楽しみの一つであるダイニングシーンも見どころ。シグネチャーダイニングのフレンチ「Pierre(ピエール)」は、フランスのミシュラン星付レストランで研鑽を積み、帰国後は「ベージュ アラン・デュカス東京」や「ピエール・ガニェール・ア・東京」で腕を振るった大久保晋シェフが料理長を勤め、「ミシュランガイド京都・大阪2017」で一つ星を獲得している。季節感のある和の素材を活かしながら、フレンチならではの技と調理法で、色彩豊かなプレゼンテーションで魅せる華麗なる一皿は、心地よいサプライズをもたらしてくれるはずだ。秋の新作コースは、赤身とは思えないジューシーな食感と旨みを讃えたオリーブ牛をオリーブムースでアレンジした一皿を用意。厳選して取り寄せた魚介や、旬のフグを使用したムニエルなど津々浦々の季節を楽しめるメニューが並ぶ。秋の味覚に遊び心をプラスした新コースは、2017年11月末まで提供中だ。

interkonci7ディナーの後は、クラブインターコンチネンタル専用ラウンジのナイトキャップに立ち寄ってもいいが、ダイニングと同じ階にあるバー「adee (アディ)」へぜひ立ち寄ってみて。高さ4.8mの窓に面したスタンディングシートからは、大阪・淀川を望む絶景が独り占めできる。心がすっきりしている雲一つない天気、「日本晴」をイメージした「大阪 ブルースカイ」などのオリジナルカクテルの他、好みのジンとトニック、コンディメントを選んでオーダーする自分だけの一杯を楽しむのもおすすめだ。明日のことを気にせず、夜が更けるまで大阪の夜を楽しんでみてはいかが。

intterpsaka

インターコンチネンタルホテル大阪


大阪府大阪市北区大深町3‐60(グランフロント大阪北館タワーC)
Tel 06-6374-5700 Fax 06-6374-3233
IHG・ANA・ホテルズ予約センター:0120-056-658
9:00am~6:00pm(日・元日休み)
E-MAIL:intercontinental.osaka@ihg.com





このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - パーソナルサービスでワンランク上のホテルステイの愉しみを。インターコンチネンタルホテル大阪 Check