yoseido
日本では北海道や長野といった、ごく一部の地域に生息する白く美しい樹木、白樺。フィンランド、スイス、ロシア、カナダなどユーラシア大陸の高冷地や北極圏の近くでは、我が国よりもずっとポピュラーだ。白樺の樹液は、ホワイトバーチウォーターといって、 長い冬の間蓄積されたたっぷりの栄養物質が、吸い上げた大地の水に溶け出し、雪解けの約2~3週間という短い期間に、木の幹に小さな穴を開けて採れる希少な樹液だ。そこには、ビタミン、ミネラル、18種類のアミノ酸、セレンといった18種の微量元素、11種の脂肪酸などが含まれていている。北欧諸国では「森の看護師」という別名があるほど、yoseido2健康効果の高い飲み物であり、古くからお酒造りや医療にも取り入れられてきた。

中でも特にカルシウム、マグネシウム、カリウムなどはみずみずしい肌に欠かせないミネラルであり、スキンケアにも古くから活用されてきた歴史がある。かの大英帝国のヴィクトリア女王も、スキンケアに愛用していたという逸話が残っているほどで、今でもフィンランドでは一般的にも早春の頃、毎朝の洗顔に使用されている。


今秋、新たに誕生したナチュラルスキンケアブランドYOSEIDOは、この白樺樹液を100%使用した製品開発をし、保湿液、クリーム、マスクのシンプルな3ステップによるスキンケアを提案する。北欧の古き伝統からインスピレーションを得て、現代的な研究開発技術を使って生まれたこの白樺樹液コスメは、水を一切使わないという革新的なアイテム(※YST 保湿液(しっとりⅠ)はキャリーオーバーとしてごく微量の水分が含まれている)。樹齢25年以上の白樺のみを選択して、ピュアな大地の恵みを製品化した。

yoseido3

ブランドデビューに寄せて、11月1日より伊勢丹新宿本館 地下2階のビューティアポセカリーにて1週間限定で開かれたPOP UP STOREでも好評を博した。保湿液はさっぱりタイプとしっとりタイプの2種があり、年齢による肌質、夏冬の季節、朝晩のシーンの違いなどによって使い分けるのもおすすめだ。実際に手に取った利用者からは、「付けた瞬間に、肌にスッと入ってくるのを実感できる」「潤いがあって、これから乾燥する季節にぜひ使いたい」といった声が挙がっており、白樺樹液の持つピュアでシンプルな性質を活かした製品の使いやすさに注目が集まった。生の白樺樹液を扱っているため、オーガニックとは言えないまでも、保存が難しい白樺樹液をMicro Filtration技術によりピュアな状態のままパッケージングし、不純物を含まず、無香料、無着色、アルコールも無添加な状態で肌に届けることができる。水に似ていながらも、水より優れていることから、女性だけでなく、男性にもおすすめできるはず。ナチュラルでデイリースキンケアに最適なアイテムを探している方に、ぜひ手に取ってもらいたい今秋注目のスキンケアアイテムのひとつだ。

販売はオンラインストアにてスタート。

<商品ラインナップ>
YST 保湿液(さっぱり)150mL 3,200円(税抜)、YST 保湿液(しっとりⅠ)150mL 3,200円(税抜)、YST 保湿マスク 24ml×5ピース 2,800円(税抜)、YST 保湿クリーム 50g 5,500円(税抜)

■お問い合わせ:YOSEIDO
https://yoseidojp.com/
このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 北欧の白樺樹液で満ちる肌 新ナチュラルスキンケアブランドYOSEIDO 誕生 Check