mg2020_main
立体的な西洋衣服のルーツである古代ギリシャ服の平面的発想と、着物や折り紙などに象徴される日本の折りたたむ日本文化の意匠を掛け合わせたウェアラブルアートを発信し続けている 東京在住のギリシャ人アーティスト、ミハイル・ギニスが手掛けるMICHAIL GKINIS AOYAMA。3月25日(水)から4月7日(火)の期間、銀座三越と阪急うめだ本店にてPOPUP SHOPを開催する。

世界的にも評価の高い日本の生地。職人が一枚一枚特殊カットした生地を、ギリシャの海辺の景色をインスピレーションの源にして生まれた代表作プレインコーニスは、13通り以上の着方があり、服のように着られるストールだ。丸編みに1900本もの縦糸が入っているため、特殊カットをしてもほつれることがなく、このストール独特のデザインを可能にしている。軽くてよく伸びる3Dストールは着心地の良さと、モダンなシルエットで、この1枚を加えるだけで普段のコーディネーションがアップデート。カジュアルからスポーティ、フォーマルなどいろんなシーンで使えて、これまでになかったストールの楽しみを提案してくれる。

mg2020_2

日本の匠の技とハイテク技術、そしてギリシャ的センスに彩られたアートが融合した類まれなる逸品として、プレインコーニススカーフは、毎年京都国際映画祭の三船敏郎賞の副賞として、その年のトレンドを飾った俳優陣にも贈られていたなど、ファッション感度の高い人たちの間で話題に。通常は、等々力渓谷にあるアトリエで取り扱っているが、今回のPOPUP SHOPでは、ミハイル・ギニス本人も店頭にたち、あなたにぴったりの一枚をコーディネートしてくれる。この機会をお見逃しなく。

<MICHAIL GKINIS AOYAMA POPUP SHOP> 3月25日(水)~4月7日(火)
・銀座三越1階 ファッションアイテム
所在地:東京都中央区銀座4-6-16
Tel:03-3562-1111(大代表)
※3月25日~3月27日ミハイル・ギニス本人が店頭立つ。途中不在の時間あり。

・阪急うめだ本店1Fネックウェア売場
所在地:大阪府大阪市北区角田町8‐7
Tel:06-6361-1381
※3月28日~4月7日ミハイル・ギニス本人が店頭に立つ。途中不在の時間ある。

■MICHAIL GKINIS AOYAMA(ミハイルギニスアオヤマ)
https://www.michailgkinis.com/
このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 日本の生地×ギリシャのアート MICHAIL GKINIS AOYAMAが発信するウェアラブルアート POPUP SHOP開催 Check