SPECIAL

フランス男とフランス女 02 セシル・ド・フランス インタビュー

france2
世界中の俳優が憧れる監督の一人、クリント・イーストウッド監督作品への出演が決まったというセシル・ド・フランス。キュートな少女から大人の女性へと変貌した近年、演技力もそなえたフランスを代表する若手女優は、今後世界を舞台に活躍しそうな注目株だ。記事全文へ
このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - フランス男とフランス女 02 セシル・ド・フランス インタビュー Check

フランス奥地への誘い 02 19世紀の面影と現代の設備が融合 優雅な空間で瞑想に耽るひととき

arude1
フランス南東部、中央山地南東麓に位置するアルデッシュ。フランスで、もっとも人口密度が低く、山谷に囲まれた土地の50%が、フランスの原風景として描かれる森の大部分がここに集中しているのだ。この土地を訪れた人々は、自然が語る生命力に感動を受けては、生き方を揺さぶられ、再訪する。今回の特集は、癒されるフランスへの旅の魅力が満載! とっておきの宿・水療法・お料理を一挙公開。記事全文へ
このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - フランス奥地への誘い 02 19世紀の面影と現代の設備が融合 優雅な空間で瞑想に耽るひととき Check

フランス奥地への誘い 01 都会人の"ゆりかご"アルデッシュの自然・スパ・宿

arude1
フランス南東部、中央山地南東麓に位置するアルデッシュ。フランスで、もっとも人口密度が低く、山谷に囲まれた土地の50%が、フランスの原風景として描かれる森の大部分がここに集中しているのだ。この土地を訪れた人々は、自然が語る生命力に感動を受けては、生き方を揺さぶられ、再訪する。今回の特集は、癒されるフランスへの旅の魅力が満載! とっておきの宿・水療法・お料理を一挙公開。記事全文へ
このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - フランス奥地への誘い 01 都会人の"ゆりかご"アルデッシュの自然・スパ・宿 Check

フランス奥地への誘い 03 アルデッシュ 職人をめぐる旅

arude1
フランス南東部、中央山地南東麓に位置するアルデッシュ。フランスで、もっとも人口密度が低く、山谷に囲まれた土地の50%が、フランスの原風景として描かれる森の大部分がここに集中しているのだ。この土地を訪れた人々は、自然が語る生命力に感動を受けては、生き方を揺さぶられ、再訪する。今回の特集は、癒されるフランスへの旅の魅力が満載! とっておきの宿・水療法・お料理を一挙公開。記事全文へ
このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - フランス奥地への誘い 03 アルデッシュ 職人をめぐる旅 Check

フランス奥地への誘い 04 FOOD FRANCE リュドヴィック・ローランティの料理

aarde3
フランス南東部、中央山地南東麓に位置するアルデッシュ。フランスで、もっとも人口密度が低く、山谷に囲まれた土地の50%が、フランスの原風景として描かれる森の大部分がここに集中しているのだ。この土地を訪れた人々は、自然が語る生命力に感動を受けては、生き方を揺さぶられ、再訪する。今回の特集は、癒されるフランスへの旅の魅力が満載! とっておきの宿・水療法・お料理を一挙公開。記事全文へ
このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - フランス奥地への誘い 04 FOOD FRANCE リュドヴィック・ローランティの料理 Check

食特集 野村友里さん×米沢亜衣さん COOK&EAT対談

syoku
食べることは、生きること。それは命の源であり、人々との交流であり、幸せに暮らすこと。食に関する問題が頻発し、自然志向が高まるいま、食について大切なことをもう一度とらえなおしたい。豊かな食から、エネルギーに満ちた楽しい人生を! 記事全文へ
このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 食特集 野村友里さん×米沢亜衣さん COOK&EAT対談 Check

ジェンダーの枠を飛び越える 男モノ探し 

men
近頃メンズアイテムを愛用する女性たちが増えている。実用重視のコンセプトや、機能美に惹かれて、あえて男モノを手に取るという。パッケージのデザインは素っ気ないほどクールだったり、シャープだったりするけれど、使ってみればなるほど納得。キラキラで華やか、キュートなアイテムも大好きだけれど、本物の良さ、上質を知る大人の女性ならば、ジェンダーの枠を軽やかに飛び越えられるはず。記事全文へ
このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - ジェンダーの枠を飛び越える 男モノ探し  Check

人生にもっと驚きを 悦びに誘われる食散歩道 01 FOOD FRANCE アレクサンドル・ゴティエの料理

syokusanpo
今年で3回目の恒例イベントとなるFOOD FRANCE2008/2009が4月よりスタートしている。そして、読者の多くが関心を寄せていることだろう。料理の基本となる食材、食文化への造詣が深いフランスと日本。今年は、国内の日本人シェフ1名と、フランスの地方から招聘される6名のシェフたちが、「フランス料理」の今と未来を披露する。そのラスト、第7回目(2009年3月12日~17日)を飾るのは、フランス北西部ノール・パ・ドゥ・カレ地方で、オーベルジュ「La Grenouillère(ラ・グルヌイエール)」で手腕を振るうシェフ アレクサンドル・ゴティエ氏だ。記事全文へ
このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 人生にもっと驚きを 悦びに誘われる食散歩道 01 FOOD FRANCE アレクサンドル・ゴティエの料理 Check

人生にもっと驚きを 悦びに誘われる食散歩道 02 人生をエンジョイする料理家 ソニア・エズグリアンに学ぶ

syokusanpo
好物の魚に焦点をあて、隔年で「いわしが目立とうする」をテーマに、生徒やアマチュアを対象にした料理コンペを開催している、ソニア・エズグリアン。料理家でありながら、達筆で滑らかな文章で出版も手掛ける日々を過ごす。ソニアが得意とする日記のように綴られたユニークな一冊「FOOOD」は、9月に刊行されたばかりだ。 記事全文へ
このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 人生にもっと驚きを 悦びに誘われる食散歩道 02 人生をエンジョイする料理家 ソニア・エズグリアンに学ぶ Check

人生にもっと驚きを 悦びに誘われる食散歩道 03 キッチンに国境はなし 世界に卓越した道具たち

syokusanpo
パリのギャラリー & ショールーム、オットゥ・デフィニションでは、ヨーロッパと日本のキッチンツール200点を、展示会「デザインとキッチン」のもとに集結させた。ギャラリーのオーナー サビンヌ・ソテールは、日常からモノをハンティングする、「好き」を職業に生かした女性の一人である。10年ほど前から、世界の著名デザイナーや建築家によるプロダクト・デザインを、アマチュアやコレクターそして、一般人のために紹介している。記事全文へ
このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 人生にもっと驚きを 悦びに誘われる食散歩道 03 キッチンに国境はなし 世界に卓越した道具たち Check

CONTENTS

ギャラリー
  • 透明感のある軽い質感で美脚へ導く 「メディキュット ヌーディーマジック」(3名様)
  • 透明感のある軽い質感で美脚へ導く 「メディキュット ヌーディーマジック」(3名様)
  • My First Cruising 日本生まれのクルーズ船ならではの愉しみ Vol.2
  • My First Cruising 日本生まれのクルーズ船ならではの愉しみ Vol.2
  • My First Cruising 日本生まれのクルーズ船ならではの愉しみ Vol.2
  • My First Cruising 日本生まれのクルーズ船ならではの愉しみ Vol.2
  • My First Cruising 日本生まれのクルーズ船ならではの愉しみ Vol.2
  • My First Cruising 日本生まれのクルーズ船ならではの愉しみ Vol.2
  • My First Cruising 日本生まれのクルーズ船ならではの愉しみ Vol.1
  • My First Cruising 日本生まれのクルーズ船ならではの愉しみ Vol.1
  • My First Cruising 日本生まれのクルーズ船ならではの愉しみ Vol.1
  • My First Cruising 日本生まれのクルーズ船ならではの愉しみ Vol.1