和mono
‐365日のリアルなきもの生活‐

さて、今日は何を着よう。
日常のワードローブに「きもの」という選択肢が増えたら。
現代的なセンスと確かな目でセレクトする
365日を彩る木下着物研究所のきもの生活。

木下着物研究所 書:©ichiroku




晴れの日の正装、海外のフォーマルな催しの場にもふさわしい装いとなる着物。日本人であればその着こなし方は身につけておきたいもののひとつ。とはいえ、どんな着物が自分に似合うのか、着用シーンに相応しい装い方、お洒落のための小道具、自分で着付ける方法など、着慣れない人にとっては分からないことだらけの世界でもある。そこで、今回は、着物初心者の読者にとってベストな方法で着物の世界へ誘ってくれる水先案内人、木下着物研究所の木下紅子さんに、はじめての着物選び、リアルな日常で粋に着物を装うためのエッセンスについてお話を伺った。

bytaps

木下着物研究所
木下紅子さん


木下着物研究所 女将、紅衣 KURENAI 主宰
着付師範、和裁技能検定優秀者、日本茶アドバイザー
著書:『あたらしい着物の教科書』(日本文芸社)

1976年生まれ、鹿児島県出身。百貨店の企画部門等に勤務後、結婚を機に着物の世界へ。夫の木下勝博と共に老舗博多織元の着物ブランドの立ち上げに従事し、旗艦店の女将を7年間務める。退職後に和裁を学んだのち、平成28年に自身の着物ブランド「紅衣 KURENAI」をスタート。顧客のライフスタイルや個性にあった着物の提案をモットーに着物の見立て・誂えからメンテナンスまで、着物生活に関わる様々なサポートを行う。また、ほぼ100%着られるようになるマンツーマン「着方教室」を担当。
木下着物研究所 着用の着物コーディネート:訪問着 三段暈し、名古屋帯 雪輪柄の手刺繍、全て、紅衣 KURENAI オリジナル。

きもので広がるお洒落、
自分の新境地。


私は一年365日のほとんどを和装・着物で過ごすしていますが、日本の伝統を大切にしながらも現代生活にあった着物や和のライフスタイルを提案したいと思い、個人の着物サロンという形で、パーソナルな着物ライフのお手伝いをしています。着物を着るようになると、着物を通して、新鮮なお洒落の楽しさ、ワクワクする気持ちを体験できます。これまで知らなかったお洒落の仕方や、自分自身の新しい一面を知ることができると思います。例えば皆さんも中学生くらいの頃、お洒落に目覚めた時に、お洋服の欲しいものリストを作ったことがあると思うのですが、着物を着るようになって、もう一度そのリストを作り直すことになるのではないかと思うのです。さらには、着物が映える場所に出かけてみたくなったり、着物でお出かけする楽しみもできますし、着物に関連したさまざまな世界につながり、公私問わず自分の世界が広がることも着物の魅力のひとつだと思います。

着物を必要以上に難しく感じることはありませんが、ある程度の知識や着付けなどのハードルの高さがありますので、着られるようになるための努力も必要です。そのちょっとした努力の結果、素敵に着物を装えるようになる。それは大人だからこそ楽しめるある種の趣味趣向だと考えれば、自分に新しい特技を身に付けられたかのように自信を持つことができたり、自分のことをもっと好きになることもあると思います。ですから、ぜひ多くの方に、着物を着る自分を好きになっていただきたい、着物というアイテムを切り口に、自分自身の新境地を切り開くきっかけを見つけてもらえたら幸いに思います。

木下着物研究所 着用の帯:袋帯 色紙文様 紅衣 KURENAI オリジナル。

粋なきものの着方は、セオリーよりも感性で。

私が考える粋な着物を着ている方というのは、ご自分がどういうものが似合うのかを知っていて、なおかつ自分に無理のこない着方をしている方です。お洋服選びでももちろんそうなのですが、着物の場合、上から下まで一枚で出来ているので、洋服のような上下別々のコーディネートで逃げることができないという難しさがあります。色柄だけでなく、生地の質感やドレープの感じなど、全体的な雰囲気も含めて、自分に似合うものを見極めて、選ぶことは、もしかしたらお洋服を選ぶ時よりも難しいかもしれません。まず何よりも自分を知っているかどうかが肝心です。一般的に着物はお洋服よりも高価なものですので、購入をご検討の場合は、自己裁量での的確な判断、決断力も必要になります。ですので、自分を知りふさわしいものを選べることが、粋な着物の着方の最も大切な要素になってくるかと思います。そうはいっても一人で初めての着物を選ぶのは、なかなか難しいこともあるので、私の着物サロンではお客様のライフスタイルを伺い、着用シーンやその方の人となりに合わせて、さまざまな着物の中からふさわしい一着を見つけられるようお手伝いをさせていただいております。一般的には、着物をパーソナルなサロンで購入する方はそれほど多くはないと思いますので、例えば、百貨店などでご購入される場合であっても、その売り場の中でご自分が一番素敵だなと思う着物を着ている店員さんに声をかけて、ご自身の着物選びを手伝ってもらうとよいと思います。自分が思う素敵な着物の着方というのは、セオリーよりも、感性で選びとるもののほうが、きっと後々ご納得のいくお買い物ができるのではないでしょうか。

もう一つ、粋な着物の着方で大切なことは、着物を無理なく着られていることです。私のように毎日着物を着ておりますと、楽に着ること、心地よく着こなすことを身につけていくわけですが、人に着付けてもらうよりも自分流で楽な着方を身に着けられるようになると、もっともっと着物ライフを楽しみ、謳歌することができると思いますし、ご自分が無理をしていないことの延長線上に人から素敵だなと思われる粋な着方があるのだと思いますね。これについては、STEP.02の着付けでより詳しくお話ししたいと思います。

Vol.2では、自分に似合うきものに出会うためのファーストステップとして、"きものを誂える"をテーマに、引き続き木下さんにお話を伺います。≫ 「STEP.01 誂える 誂えて知る、きものの良さ美しさ

ITEM RECOMMEND

木下着物研究所では、木下さんが考案したオリジナルの着物や小物類を販売している。現代的なライフスタイルにもマッチする使い勝手の良さやデザインでリアルな着物ライフに重宝するアイテムが揃う。

木下着物研究所

数寄屋袋/クラッチバッグ 刺繍 [紅衣オリジナル]
22,000円(税込)

着物でも、洋服でもどちらにも使えることを前提に開発した実用感のあるオリジナルデザインの数寄屋袋。茶道用の数寄屋袋としてだけではなく、パーティーなどのシーンでクラッチバッグのような使い方もできる。いわゆる一般的な数寄屋袋より少し大きめサイズなので、スマートフォンを入れても幅に余裕があり、口紅などのコスメも携帯できる。口を留める金具はマグネットを採用。内ポケットもあり便利な和ものアイテム。

商品について詳しくはこちら

木下着物研究所

艶帯揚げ 二色暈し [紅衣オリジナル]
17,600円(税込)

着物のおしゃれの要は、小物にあり。紅衣 KURENAI オリジナルの帯揚げは、ブランドの中でダントツの人気を誇る。結びやすく、かつシャープな印象の生地を、たくさんの生地サンプルの中から試して、見つけたもので、紅衣 KURENAIの別注で織元にオーダーする。とにかく濁りのない、透明感のある色にこだわり、どんな着物にも品よく収まってくれる。

商品について詳しくはこちら

information

lc_logo

木下着物研究所
http://kinoshitakimono.com/

主宰者である木下勝博さんと木下紅子さんが一年365日のほとんどを和装・着物で過ごすことを通じて、伝統を大切にしながらも現代生活にあった着物や和のライフスタイルを提案する完全予約制の着物サロン。在庫販売をするショップではなく、着物ライフのカウンセラーとして個別の要望に応じた着物の見立て・誂え、着物のコーディネートやメンテンナンスを展開する。近年は、海外や遠方の顧客などからオンラインでの相談も増えている。オリジナル着物ブランド「紅衣 KURENAI」や着物や和に関するイベント各種なども開催している。
*完全予約制、来所の際は事前にCONTACTより要予約。
公式Facebook
公式インスタグラム

pageTOP