LATESTstories

プルマン東京田町のルーフトップバーで「シャンパンガーデン feat. モエ・エ・シャンドン」6月1日より開催!

仏発アコーホテルズグループの最上級ライフスタイルホテル「プルマン東京田町」では2023年6月1日(木)~8月31日(木)の期間、シャンパンメゾン「モエ・エ・シャンドン」の初コラボレーションした「シャンパンガーデン feat. モエ・エ・シャンドン」を開催。記事全文へ

アルベルト・アドリア氏を迎えた「アルマーニ・レストランツ・インシエメ」開催

(写真)左から、アントニオ・ダンジェロ氏、アルベルト・アドリア氏、カルミネ・アマランテ氏。3人のトップシェフが銀座に集結した。

銀座にある「アルマーニ / リストランテ」は、ガンベロロッソのシェフオブザイヤーにも輝いたことがあるカルミネ・アマランテシェフ率いる最高級イタリアン・レストランだ。カルミネ氏は従来から一般流通に乗りづらい食材をメニューに取り入れるなど意欲的な活動を続けているが、2023年は世界のトップシェフを「アルマーニ / リストランテ」に迎えたコラボレーション・メニューに取り組み始めた。記事全文へ

5/18開催! 一夜限りの限定ディナー「bills スペシャルペアリングディナーwith 東洋美人」

bills_SS21リフレッシュメニュー
オーストラリア・シドニー発のオールデイダイニング bills(ビルズ)は、シドニーでオープンしてから30周年、日本上陸から15周年を迎えた。日本国内では8店舗を展開し、今なお人気が絶えない。コロナ禍を経て、3年ぶりとなる春夏の新作メニューが4月26日(水)より国内全店舗にて提供となる。記事全文へ

ファロ能田耕太郎シェフ、初のレシピ集から構成されたヴィーガンガストロノミー

銀座「ファロ」エグゼクティブ・シェフの能田耕太郎氏は、日本とイタリア両国で活躍する国際的なシェフだ。イタリアでは2度に渡ってミシュラン1つ星に輝き、2018年にエグゼクティブ・シェフに就任した「ファロ」にも1つ星をもたらした。記事全文へ

「アジアのベストレストラン50」2023年度ランキング、日本から5軒がベスト10入り

去る2023年3月28日、アジアで最も優れたレストランを決定するアワード「アジアのベストレストラン50」2023年度ランキングが発表された。同ランキングはジャーナリスト、評論家、シェフ、レストラン経営者など300名以上の評議員が投票して決定される、現在のレストラン業界の動向を決定づける最も権威あるアワードのひとつ。記事全文へ

【REPORT】香港スターシェフを招聘した3日間限定のガストロノミーイベント開催@ウェスティンホテル横浜

Aman&Abruzzo_main
(写真)「ボタン海老 カリフラワー 柚子ブールブラン」
2022年6月にOPENしたばかりの「ウェスティンホテル横浜」はウェスティンが掲げる新世代の「ウェルビーイング」を体現化したライフスタイルホテルで「Sleep well=質よく眠る」「Move well=質よく動く」「Eat well=質よく食べる」を含む6つを柱としている。その「Eat well」を体験する貴重なイベントが、横浜を見下ろす23階のレストラン「アイアン・ベイ」にて開催された。記事全文へ

桜を見ながらフランチャコルタ 「コンタディ・カスタルディ」ロゼを楽しむ「Conta-Fiore(コンタフィオーレ)」開催

harunatsunabe_main
コロナ禍の規制もなく開放的な気持ちで迎える2023年のお花見シーズン。気分をさらに盛り上げる多彩な催しも目白押しだ。桜を見ながらフランチャコルタ 「コンタディ・カスタルディ」ロゼを楽しむイベント「Conta-Fiore(コンタフィオーレ)」が2023年3月中旬から4月上旬<コア期間:3月21日(火・祝)~3月26日(日)>に開催となる。 記事全文へ

毎日使いたくなるミニマルデザインと機能性 香港発バックパック「ABLE CARRY」日本で本格展開

harunatsunabe_main
「ABLE CARRY(エイブルキャリー)」は、2018年にローンチした香港発の新進気鋭のバックパックブランド。「ワーク、レジャートラベルまでカバーする優れた都市型バックパック」として、アメリカのYoutuberがレビューに投稿したことがきっかけで、香港、アメリカで一気に火が付いた。そして2023年、3か国目の展開として日本での本格ローンチが決まった。記事全文へ

長崎ロマンを巡る旅へ|長崎ローカルガストロノミー 五島列島、大村、長崎編

shiroiya_main1
(写真)「セーナ オブトシフォリア」のイノシシと4種の大根、3種の人参を使ったメイン料理。
オランダやポルトガル、中国など古くから海外との交易で栄えた文化都市長崎では、食の分野においてもテンプラやカステラに代表される外国の影響をうけた料理や菓子が多い。しかし近年ではそうした文化的バックグラウンドからの影響はもちろんのこと、豊かな自然=テロワールを生かした長崎ならではの長崎でしか食べられないレストランの活躍が顕著だ。いわば長崎ローカルガストロノミー最前線、長崎で注目のレストランを紹介したい。記事全文へ

長崎ロマンを巡る旅へ|平戸・佐世保編

shiroiya_main1
(写真)復元された「平戸オランダ商館」前には今もオランダ国旗が風になびく。
西洋文化が初めて日本に入り、発展した街として名高い長崎。かの地には今も異国情緒が漂うエキゾチックな雰囲気がそこはかとなく漂っており、いつの時代も旅人を古の時へと誘ってくれる魅力にあふれている。記事全文へ

CONTENTS

ギャラリー
  • Beautiful Switzerland 美しき山と湖の国、スイス 後編
  • Beautiful Switzerland 美しき山と湖の国、スイス 後編
  • Beautiful Switzerland 美しき山と湖の国、スイス 後編
  • Beautiful Switzerland 美しき山と湖の国、スイス 後編
  • Beautiful Switzerland 美しき山と湖の国、スイス 後編
  • Beautiful Switzerland 美しき山と湖の国、スイス 後編
  • Beautiful Switzerland 美しき山と湖の国、スイス 後編
  • Beautiful Switzerland 美しき山と湖の国、スイス 後編
  • Beautiful Switzerland 美しき山と湖の国、スイス 後編
  • Beautiful Switzerland 美しき山と湖の国、スイス 後編
  • Beautiful Switzerland 美しき山と湖の国、スイス 後編
  • Beautiful Switzerland 美しき山と湖の国、スイス 後編