music_main
アメツブ(Ametsub)は、まだ20代の若いアーティスト。『The Nothings of The North』は、インディーズからリリースされたばかりの2枚目のアルバムです。

彼の音楽を知ったきっかけは“偶然”なんです。

坂本龍一, アメツブ, イノトモ, out of noise

昨年12月に知り合いから「若手なんだけど、面白いから聴いてみて」とCDをもらい、聴いてみたところお気に入りに。普段持ち歩いているMacの中にもこのアルバムを入れています。僕のアルバム『out of noise』と同じくピアノがフィーチャーされているのですが、そのピアノの音の扱い方がとても新鮮。才能を感じます。まだ会ったことはなく、メールで何度かコンタクトを取っているのですが、これから何か一緒にできることがあるんじゃないかな、と思っています。

僕のやっているラジオ番組ではデモテープを募集していて、気に入った作品をオンエアしたり、レーベル“コモンズ”でも新人アーティストをリリースしていますが、若い才能は伸びる前に早く摘んでしまいたい!

坂本龍一, アメツブ, イノトモ, out of noise

……というのは冗談ですが、昔から細野晴臣の周りには、感度のよい若者が吸い寄せられるように集まっていて、それがとてもうらやましかった。僕も数年にひとりですが、才能のある若者と出会う機会があります。彼のように、たまに出てくる才能は応援したいですね。

もう1曲はNHK教育で放送されているアニメ「しばわんこの和のこころ」のテーマソング。イノトモさんという女性アーティストが歌っています。ほんわかした優しい歌声がステキです。しばわんこのかわいさにも癒されますね。今、お気に入りの曲です。

(text / ryuichi sakamoto)

坂本龍一, アメツブ, イノトモ, out of noise

坂本龍一, アメツブ, イノトモ, out of noise
教授の原点とも言えるピアノ・アルバム。あらゆるノイズから解き放たれ、調和のとれた美しい世界に漂うような感覚を覚える。解説や坂本龍一による参加アーティストの紹介、写真素材を多数掲載したブックレットが付属する豪華仕様の“フルアートワーク盤”と、アートワークを排除し、純粋に「音源」のみを楽しむ“パッケージレス盤”の2形態でのリリース。フルアートワーク盤では日本国民1人当たりが1日に排出するCO2約6kg分をカーボンオフセット。

坂本龍一『out of noise』 フルアートワークパッケージCD【数量限定生産盤】 ¥4,500(税込) 商品番号:RZCM-46128 パッケージレスCD ¥1,980(税込) 商品番号:RZCM-46129

坂本龍一, アメツブ, イノトモ, out of noise

坂本龍一/Ryuichi Sakamoto
 
1952年東京生まれ。東京芸術大学大学院修士課程修了。1978年『千のナイフ』でソロデビュー。同年、細野晴臣、高橋幸宏と『YMO』を結成。解散後も、音楽・映画・出版・広告などメディアを越え世界的に活躍。1999年制作のオペラ 『LIFE』以降、環境・平和問題に言及することも多く、アメリカ同時多発テロ事件をきっかけとした論考集『非戦』を監修。自然エネルギー利用促進を提唱するアーティストの団体artists'powerを創始するなど、活動は多岐にわたっている。1990年より米国、ニューヨーク州在住。