アーティスト・ファイル
新たな刺激が欲しくなる、春。爽やかな風や咲き乱れる花のにおい、さまざまな感覚が研ぎ澄まされるこの季節にぜひ観てほしいのが、「アーティスト・ファイル 2008―現代の作家たち」。

pureaust「アーティスト・ファイル」――それは、特に決まった選考基準を設けず、国立新美術館の学芸スタッフが推薦する作家を集めた展覧会。 既存のテーマに縛られることなく、グループ展という形で実現したこの新しい企画は、コレクションを持たない国立新美術館ならでは。

今回選び出された8人の作家には独立した空間が用意され、作品それぞれの放つパワーが心の奥まで響いてくる。写真、映像、インスタレーション、ドローイングと、作風や表現方法が異なる一人一人の世界をじっくり鑑賞することができ、また、行き来することでその違いの面白さに気づけるだろう。

(写真左) ポリクセニ・パパペトルー《ハンギング・ロック 1900年 No.3》2006年 顔料インクプリント

pre肩の力を抜いて、ただ、目に映るものを受け止めてみてほしい。頭のねじをゆるめて、それぞれの作家の世界に溶け込むといい。はじめて見る世界、どこか懐かしい世界、よく見るとふしぎな世界、知っているはずなのに知らなかった世界…。あなたの世界を見る目、日常を感じる心が、きっと変わってくるはずだ。 「アーティスト・ファイル」展は、毎年定期的に開催していく予定。回数を重ねることによって、国立新美術館のアーティスト・ファイルが形成されてゆく。国立新美術館が選び抜いたアーティストから、あなただけのアーティスト・ファイルをつくってみてはいかがだろうか。

(写真右)祐成政徳《a King and I #1》 2001年 ナイロン、送風機(撮影:山本糾)

アーティスト・ファイル

「アーティスト・ファイル2008―現代の作家たち」展 

会期:2008年3月5日(水)〜5月6日(火・祝) ※火曜日休館
時間:10:00〜18:00(金曜日は20:00まで)
会場:国立新美術館 企画展示室2E
東京都港区六本木7-22-2 Tel:03-5777-8600(ハローダイヤル)
主催:国立新美術館
協力:日本航空