Normann Copenhagen
デンマークのホームウェア・ブランドNormann Copenhagenからの新商品便り。ニューヨーク在住の服飾デザイナーCamilla Stærk(カミーラ・ステーク)が手掛けた、秋冬コレクションのSpine Rugは、モチーフに黒とグレーが混じった、ウール100%のタピストリーだ。

地図にも動物の皮膚にも見えるモチーフは、デンマーク人でありながら、アフリカで生活した、19世紀の女流小説家カレン・ブリクセンに影響を受けているそうだ。 今回初めて、インテリア用品をデザインしたステークは、「床を飾るラグは、空間の中で、目立ち過ぎもせずに大事な要素である」と言う。 こんなラグが似合う空間を想像して、秋の模様替えをしてみるのもいいだろう。

Normann Copenhagen

(text by kaoru URATA)