「mume」アイキャッチ
お酒のオンラインストア「KURAND」を運営するリカー・イノベーションが開発した天然梅酒「mume」は、旬の香りを閉じ込めた新感覚の透明な梅酒だ。特殊な製法でつくられているため大量生産ができず、週2日の数量限定で販売されているが毎回すぐに完売してしまうという好評ぶりだ。

気になる味わいだが、口に含んだ瞬間に広がるみずみずしく芳醇な完熟梅の香り、すっきりとした飲み口と爽やかな後味が、無色透明な色味と相まってこれまでに感じたことがないような新感覚の梅酒に仕上がっている。ワイングラスに注いで食中酒として楽しむにもよいし、昼下がりにロックグラスで氷を浮かべてリラックスしながらいただく気分にもぴったりだ。透明な瓶のボトルがスタイリッシュなムードで、ホームパーティへの手土産にもおすすめ。
mume2 「mume」を開発をしたのは女性研究員の大西紗与さんだ。大学時代、「ミカンの皮の抗アレルギー」について研究していた大西さんは、研究部門の食品科学研究所の研究員として働いている。そんな大西さんは和歌山県出身で、「地元和歌山の特産品を使用した加工品を研究し、地元に恩返ししたい」という夢があったのだそう。地元和歌山で初めて梅畑に訪れた際、まるで果物の桃のような、フレッシュで爽やかな甘い完熟梅の香りに感動した大西さんは、「和歌山県民でも知らなかったこの香りを、多くの人に届けたい」と考え、研究がスタート。2年に渡る試行錯誤の結果、誕生したのが「mume」だ。
mume1 日本初の新製法「氷室選択的抽出製法」という、特許出願中の製法で造られていて、これはアイスワインの製法にヒントを得たものだ。大量生産が難しく、製造本数が限られているため、「KURAND」で毎週火曜日、金曜日の週2回、数量限定、先着順で販売している。また「mume」は、フランスにて開催された「第15回フェミナリーズ世界ワインコンクール2021」にて、銀賞を受賞している。同コンクールは、世界の女性ソムリエ、女性醸造家、女性ワインジャーナリスト、女性シェフなど、女性のワイン専門家が厳正なブラインド審査を行う、年々注目が集まっている国際コンクールで、フランス、スイス、イギリス、ポーランド、ロシア、カナダ、在フランスの日本人など計750名の審査員からも高評価を得た。まだ試したことのない方は、ぜひ注目してみてはいかが。
商品詳細画像
<商品情報>
香り味わう天然梅酒「 mume」
アルコール度数: 10%
内容量: 500ml
販売価格: 2,200円(税込)
製造場:中野 BC株式会社(和歌山県)
https://kurand.jp/pages/mume
公式Instagram:https://www.instagram.com/mume_info/
公式Twitter:https://twitter.com/mume_info