FOOD

【Writer's BOOKMARK】コロナ禍で挑戦する、京都の新レストラン3軒

koke_koyto
京都は古都でありながらも、レストランシーンにおいては、時に新たなムーブメントを巻き起こし、いつも私たちをワクワクさせてくれる。コロナ禍にあっても注目の新店が目白押しだ。和食あり、モダンスパニッシュ、イタリアンあり。そんな京都で、今年オープンした注目の3つの新店を紹介しよう。記事全文へ

ヒューガルデンと旬野菜のマリアージュ ”ベジアペロ”の新習慣

screenshot.120
夏と言えばビールだが、巷ではクラフトビールブームとの相乗効果もあって国産勢からも多種多彩な商品が続々登場し、まさに百花繚乱の様相だ。そんななかトレンドに寄らず高い人気をマークしているのが、ホワイトビールの代名詞でもあるベルギーホワイト「ヒューガルデン」。記事全文へ

コンラッド東京 シューズやバッグを象ったファッショナブルなティータイム 「コンラッドアフタヌーンティー with JIMMY CHOO」

main
コンラッド東京は、バー&ラウンジ「トゥエンティエイト」にて、 センシュアルな感性と遊び心に満ちた大胆なスピリットのコレクションを世界に送り出してきた、 英国発のラグジュアリーアクセサリーブランド「JIMMY CHOO(ジミー チュウ)」とのコラボレーションとなる「コンラッドアフタヌーンティー with JIMMY CHOO」を8月31日(火)までの期間限定で提供中だ。記事全文へ

日本酒とキャビアと京料理と。 小松Saketronomy(サケトロノミー)by 農口尚彦研究所

452(写真)左から「京料理 たか木」の高木一雄シェフ、農口尚彦杜氏、キャビアをサーブしてくれた「ストゥーリア」のアジア・エリアマネージャー、ポーラン・リオ氏、糸井章太シェフ。

日本酒に一家言ある人なら農口尚彦杜氏の名をご存知だろう。「酒造りの神様」の異名をとる日本最高峰の醸造家だ。1932年石川県能登町生まれ。杜氏の家に生まれ、16歳で酒造りに携わる。70年代には、低迷を続けた日本酒市場で吟醸酒をいち早く広め、吟醸酒ブームの火付け役となった。戦後失われつつあった山廃仕込みの技術を復活させたのも農口氏だ。御年88歳、「酒造りの神様」とあがめられている御仁である。記事全文へ

7月限定! ひらまつのシェフの挑戦、夏に食べたいカレー×贅沢オマール海老 「カフェ&トラットリア ミケランジェロ 広尾」

hiramatsu_summerfair
2021年は雨の日が続くが、猛暑が予想されている。この夏、株式会社ひらまつでは、「オマール海老×スパイス・ハーブ」をテーマに「個性」「伝統」「革新」の3つのキーワードで織り成す旬のオマール海老を使った一皿を全国のひらまつのレストランで展開する。記事全文へ

パリ発、老舗ビストロのエスプリをモダンに昇華する「ブノワ 京都(BENOIT KYOTO)」で待望のアフタヌーンティーがスタート

Afternoon Tea_1
2020年3月22日に京都・清水に新たに開業したホテル「ザ・ホテル 青龍 京都清水(The Hotel Seiryu Kyoto Kiyomizu)」。その敷地内に建つ別棟に同日にオープンした「ブノワ 京都(BENOIT KYOTO)」は、パリ発の老舗ビストロ「ブノワ」の国内2号店だ。記事全文へ

クリエイションが光る「ル・ショコラ・アラン・デュカス」の夏のアフタヌーンティー

ル・グテ (c)Yusuke Kagayama
フランス料理シェフ、アラン・デュカスが2013年にパリにオープンしたショコラ​専門店「ル・ショコラ・アラン・デュカス」。その東京・日本橋と六本木「ル・サロン」で人気のアフタヌーンティーセット「ル・グテ」が夏の味わいにリニューアル。記事全文へ

【Editor's BOOKMARK】今マークアップしたい旬な一皿 4選

sublime_main
外食事情が目まぐるしい昨今だが、時期を逃さず食したい一皿というのもある。巷では夏のおすすめのメニューが登場しはじめている。タイムリーな旬の一皿をぜひチェックして。記事全文へ

カカオ本来の奥深い余韻に魅せられる ショコラティエ パレ ド オール GINZA

paletdorginza02(写真上)銀座店限定の白いザッハトルテ「ザッハトルテ ブラン」。

カカオ豆から本格的なチョコレート作りを手掛けるショコラティエ三枝俊介氏が手掛けるチョコレート専門ブランド「ショコラティエ パレ ド オール」が、4月22日(木)、銀座5丁目、EXITMELSA(イグジットメルサ)1Fに新店舗をオープンした。 記事全文へ

選りすぐりの日本食材が織りなす極上のイタリアンを 西麻布「ISSEI YUASA」 by 池田匡克

yuasa.04jpg
昨年11月、恵比寿にひっそりと誕生した看板のないレストラン「湯浅一生研究所」を覚えている人はいるだろうか?わずか数か月というポップアップ的位置付けだったが、基本的に料理は全ておまかせ。記事全文へ

CONTENTS

ギャラリー
  • 【Writer's BOOKMARK】コロナ禍で挑戦する、京都の新レストラン3軒
  • 【Writer's BOOKMARK】コロナ禍で挑戦する、京都の新レストラン3軒
  • 【Writer's BOOKMARK】コロナ禍で挑戦する、京都の新レストラン3軒
  • 【Writer's BOOKMARK】コロナ禍で挑戦する、京都の新レストラン3軒
  • 【Writer's BOOKMARK】コロナ禍で挑戦する、京都の新レストラン3軒
  • 【Writer's BOOKMARK】コロナ禍で挑戦する、京都の新レストラン3軒
  • 【Writer's BOOKMARK】コロナ禍で挑戦する、京都の新レストラン3軒
  • 【Writer's BOOKMARK】コロナ禍で挑戦する、京都の新レストラン3軒
  • 【Writer's BOOKMARK】コロナ禍で挑戦する、京都の新レストラン3軒
  • 【Writer's BOOKMARK】コロナ禍で挑戦する、京都の新レストラン3軒
  • 【Writer's BOOKMARK】コロナ禍で挑戦する、京都の新レストラン3軒
  • ヒューガルデンと旬野菜のマリアージュ ”ベジアペロ”の新習慣