FOOD-restaurant

テイクアウェイでどこでもbillsが楽しめる「bills Takeaway」 リコッタパンケーキなど人気メニュー続々

bills_SS21リフレッシュメニュー
国内に全8店舗を展開する人気店、オーストラリア・シドニー発のオールデイダイニング bills(ビルズ)では、要望の多かったブランド初のテイクアウェイメニューを提供中だ。自宅やピクニックなど、どこでも好きな場所で、気軽にbillsの味を楽しめる。記事全文へ

梅畑を歩いた時の香りを届けたい。新感覚の透明な天然梅酒「mume」

「mume」アイキャッチ
お酒のオンラインストア「KURAND」を運営するリカー・イノベーションが開発した天然梅酒「mume」は、旬の香りを閉じ込めた新感覚の透明な梅酒だ。特殊な製法でつくられているため大量生産ができず、週2日の数量限定で販売されているが毎回すぐに完売してしまうという好評ぶりだ。記事全文へ

【Writer's BOOKMARK】コロナ禍で挑戦する、京都の新レストラン3軒

koke_koyto
京都は古都でありながらも、レストランシーンにおいては、時に新たなムーブメントを巻き起こし、いつも私たちをワクワクさせてくれる。コロナ禍にあっても注目の新店が目白押しだ。和食あり、モダンスパニッシュ、イタリアンあり。そんな京都で、今年オープンした注目の3つの新店を紹介しよう。記事全文へ

日本酒とキャビアと京料理と。 小松Saketronomy(サケトロノミー)by 農口尚彦研究所

452(写真)左から「京料理 たか木」の高木一雄シェフ、農口尚彦杜氏、キャビアをサーブしてくれた「ストゥーリア」のアジア・エリアマネージャー、ポーラン・リオ氏、糸井章太シェフ。

日本酒に一家言ある人なら農口尚彦杜氏の名をご存知だろう。「酒造りの神様」の異名をとる日本最高峰の醸造家だ。1932年石川県能登町生まれ。杜氏の家に生まれ、16歳で酒造りに携わる。70年代には、低迷を続けた日本酒市場で吟醸酒をいち早く広め、吟醸酒ブームの火付け役となった。戦後失われつつあった山廃仕込みの技術を復活させたのも農口氏だ。御年88歳、「酒造りの神様」とあがめられている御仁である。記事全文へ

7月限定! ひらまつのシェフの挑戦、夏に食べたいカレー×贅沢オマール海老 「カフェ&トラットリア ミケランジェロ 広尾」

hiramatsu_summerfair
2021年は雨の日が続くが、猛暑が予想されている。この夏、株式会社ひらまつでは、「オマール海老×スパイス・ハーブ」をテーマに「個性」「伝統」「革新」の3つのキーワードで織り成す旬のオマール海老を使った一皿を全国のひらまつのレストランで展開する。記事全文へ

【Editor's BOOKMARK】今マークアップしたい旬な一皿 4選

sublime_main
外食事情が目まぐるしい昨今だが、時期を逃さず食したい一皿というのもある。巷では夏のおすすめのメニューが登場しはじめている。タイムリーな旬の一皿をぜひチェックして。記事全文へ

選りすぐりの日本食材が織りなす極上のイタリアンを 西麻布「ISSEI YUASA」 by 池田匡克

yuasa.04jpg
昨年11月、恵比寿にひっそりと誕生した看板のないレストラン「湯浅一生研究所」を覚えている人はいるだろうか?わずか数か月というポップアップ的位置付けだったが、基本的に料理は全ておまかせ。記事全文へ

【Editor's BOOKMARK】今訪れたい! 続々オープンの個性豊かな新レストラン 4選

s2021-0308-Il-Lato7
コロナ禍の影響が長引くこのご時世で、悲しくもお気に入りのレストランが閉店になってしまったという方もいるだろう。しかし、そんな最中に新規開業のレストランも続々出現中だ。記事全文へ

日本料理の美味しさと楽しさを世界に伝えるパイオニア 神宮前「傳」 by 池田匡克

den01
マカオで行われた2018年度「アジアのベストレストン50」の表彰式を覚えている人はいるだろうか?その様子はFacebookを通じて世界中にLive中継され「傳」は見事日本最高位であるアジア第2位に選ばれた。記事全文へ

フィレンツェ生まれのラグジュアリー紅茶「La Via del Te」が誘う心豊かなイタリアンティー  by 池田匡克

viadelte
エスプレッソ王国イタリアではほとんどの人がコーヒー=エスプレッソ党で紅茶や緑茶を飲む人はほとんどいない、そんな先入観にとらわれていないだろうか?確かにバールで飲む淹れたてのエスプレッソは香り高く美味しいが、少々せわしないのもまた事実。記事全文へ

CONTENTS

ギャラリー
  • 枯山水庭園の名勝“苔の庭”が初ライトアップ、妙心寺桂春院「幽玄の美に触れる夜の拝観」イベント開催
  • 枯山水庭園の名勝“苔の庭”が初ライトアップ、妙心寺桂春院「幽玄の美に触れる夜の拝観」イベント開催
  • 枯山水庭園の名勝“苔の庭”が初ライトアップ、妙心寺桂春院「幽玄の美に触れる夜の拝観」イベント開催
  • マスクとトートバッグのお洒落な関係。 ニューノーマルライフの愉しみ方「YUKO ASHIKAWA DESIGN」
  • マスクとトートバッグのお洒落な関係。 ニューノーマルライフの愉しみ方「YUKO ASHIKAWA DESIGN」
  • マスクとトートバッグのお洒落な関係。 ニューノーマルライフの愉しみ方「YUKO ASHIKAWA DESIGN」
  • マスクとトートバッグのお洒落な関係。 ニューノーマルライフの愉しみ方「YUKO ASHIKAWA DESIGN」
  • マスクとトートバッグのお洒落な関係。 ニューノーマルライフの愉しみ方「YUKO ASHIKAWA DESIGN」
  • お米と炭のチカラでうるおう洗い上がり 米肌「肌潤モイスチャーインWクレンズ」(2名様)
  • お米と炭のチカラでうるおう洗い上がり 米肌「肌潤モイスチャーインWクレンズ」(2名様)
  • 京都祇園「菊梅」 時を超え大正浪漫に浸り、古き日本の美意識を知る 
  • 京都祇園「菊梅」 時を超え大正浪漫に浸り、古き日本の美意識を知る